難波オヤジの鉄道写真運転報?

大阪ー京都をうろつきながら鉄道写真を撮影するオッサンの独り言。

通達214 「 レール輸送とレール配給回送をまとめて狙う 」

この記事をご覧いただき、ありがとうございます。

 

 

 本日実施予定されていた、川重からのEF210-310出場は無事、実施されまして

試運転も終了したようですね。

撮影に行けないのは残念ですが、インターネットの恩恵で他の方の成果を拝見できるのは非常にありがたく感じます。

 

デジタルが当たり前になる以前は、撮影地へアルバムを持ち寄りそれぞれの写真を

見せ合ったりして情報交換したり、時間を潰したりしたものでございます。

 

自宅で次の撮影地へもっていく写真を厳選したアルバムを作ったりする時間も、

鉄としての楽しい時間だったりしました。

 

存外、そんな感じで知り合った仲間たちとのお付き合いも楽しく、同世代の仲間たちで遠征に出かけたりした経験も今では良い思い出でございます。

 

 

さて、今回の更新は大阪の桜島線にある安治川口の貨物駅から

向日町のレールセンタまで運ばれてくるレール輸送の流れを撮影したご報告となります。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170731001110j:plain

2017-07-09 配7992列車  向日町(操)-京都貨物

 

この日は通達213でご報告させていただいたホキ800形の撮影の為に

桂川へ来ておりましたので、ついでに配7992レをスナップショット。

 

この7月は結局丸々1か月、梅小路配給運用に就いていると思われるEF65 1128号機が、

向日町のレールセンターから空になった長物車チキ5500形を4両従えて京都貨物駅へ向かいます。

 

足回りが草とガードに覆われていてまるっきり見えず、チキが付いているのも

辛うじてわかる様な有様ですが(汗

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170731001219j:plain

2017-07-09 1182列車  桂川西大路

 

一方、安治川口からは梅田貨物線~東海道本線を上ってレールを積載したチキ4両が

京都貨物駅へ向かいます。

 

配7992レと同じ撮影地で撮影した画像なのですが、走る線路が異なると違う場所で撮影したような

雰囲気になりますね。

 

 

すっかり伸びきった、チキの背景にある木々は現在は伐採されて

スッキリしているのですが、この時はまだ青々と茂っておりました。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170731001309j:plain

2017-07-09 5087列車  京都貨物ー向日町(操)

 

撮影後、昼食を摂ってのんびり気分で桂川橋梁へ。

と思っていたら

のんびりし過ぎて5087レがやってくるギリギリのタイミングで現地入りになりました。

 

お陰でなんだかポヤーっとした出来栄えに。

 

この日の5087レは、新鶴見のPFでも赤プレ最若番となる

2057号機がやってきていたのですが、ちょっと右スカでシャッターを切っております。

 

 

この列車の撮影後、現場にいらっしゃった鉄の方にお声をかけました所、

なんと普段から私がよく閲覧させていただいているブロ主さんである

「ニセ京都人(元近江人)」さんだと判明し、驚きました。

 

時折撮影地でお見掛けする方だな、と思ってのお声かけでしたが、

BIGなお方との出会いにドキドキしておりました。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170731001416j:plain

2017-07-09 1881列車  京都貨物ー向日町(操)

 

一番最初の画像、配7992レでEF65 1128号機が向日町から牽いて来た空チキ4両を、

今度は京都貨物から安治川口まで連れて行くのは

同じく2枚目の画像でやって来たEF210-115号機。

 

短い編成なので少しサイド気味でも問題なく編成が入ります。

 

 

列車が来るまでの合間にはニセ京都人さんと二人、鉄話で盛り上がりまして

とても楽しい時間を過ごすことができました。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170731001506j:plain

2017-07-09 配7993列車  京都貨物ー向日町(操)

 

最後に、京都貨物へ輸送されたレールを積載したチキ4両を

向日町まで運ぶ配給回送がこの列車、配7993レとなります。

 

この日に向日町まで運ばれたレールは手前2両が鷹取工臨に、

後ろ2両が長谷工臨にそれぞれ供されております。

 

 

 

こうして、レールを運搬する流れを撮影しもって、新たな鉄仲間ができました。

 

撮影地でお声かけし合う鉄仲間さんは幾人かいらっしゃるのですが、

今回の出会いで、普段からメールなどでやり取りしあう程の仲間が出来、

とても嬉しく、心強く思うのです。

 

 

 

 

それでは、

この記事をご覧いただき、ありがとうございました!