写真は鉄で出来ている。

大阪ー京都をうろつきながら鉄道写真を撮影するオッサンの独り言。

第511列車 「 甲30 東京メトロ13000系(13121f)の甲種輸送を狙う 」

この列車へご乗車いただき、ありがとうございます。

 

 

本日も良いお天気でございました関西。

 

 

午後の時間に実施されました甲種輸送を撮影する為、

チョイ鉄を敢行しに長岡京へとやって参りました。

 

とりあえず鉄仲間の集っていらっしゃるであろう

お馴染みの調子踏切へ向かいますと、久しぶりに

お会いする著名ブロガーのお友達氏、いつも楽しく

会話して下さるOK氏と本日お初にご挨拶をさせて

いただくT氏がスタンバイされておられました。

 

T氏とご挨拶いたしますと、「ブログ見てます」やら

「テレビ出演はいつ?」などと、とても嬉しく

お恥ずかしいお言葉を賜りました。

 

 

調子踏切でひととき歓談と撮影を楽しみまして、その

後はお友達氏と共に甲種を撮影すべく、いつもの

裏調子へ。

 

するとそちらにはここいら界隈の大御所ブロガーの

お一人がスタンバイされていらっしゃいました。

 

大御所氏とは時折、現場でご一緒するのですが恐れ

多くてご挨拶(自己紹介といつもブログ読ませて

いただいております、とお伝えする旨)が今まで

出来ず仕舞いでした。

 

そこへ大御所氏と親しいお友達氏がご一緒でしたので

私もお話に混ざらせていただき、緊張しつつご挨拶が

出来ました。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20180526183307j:plain

2018-05-26 9866列車  山崎ー長岡京

 

EF65 2138号機が牽引する13000系、21編成目の

出場でございます。

 

面潰れとなります構図ですので影になって目立たない

のですが実は甲種輸送と併走して普電が走って

おりました。

 

裏被り、でございます…

 

 

本日の牽引機、2138号機はPFのラストナンバーである

2139号機が国鉄特急色をまとっている為に、注目を

集め難い存在なのですが、赤いナンバープレートに

金文字で形式が記されている唯一の釜でございまして、

私は密かに撮影する機会を楽しみにしておりました。

 

前回は2月に東武70000系の牽引をしておりますので、

甲種の牽引機として撮影致しますのは今回が2度目で

ございます。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20180526184012j:plain

2018-05-26 223系V19編成他12両  山崎ー長岡京

 

練習電はいつもの構図で狙っておりました。

 

 

ブログ友さんが3両目に掛かる木が気になる木なので

見た事も無い実がなるのかも知れませんがそれは

さて置いて、構図を広角気味にして引いて処理を

しませんか、とアドバイスをいただきました。

 

結果は表題の写真となりまして、なるほど意外と

木が目立たず、気にならない木になりました(くどい)。

 

この場所で広角構図を取りましたのは、昨年秋の

西武鉄道40000系の甲種を撮影した時以来で

ございます。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20180526184736j:plain

2018-05-26 東京メトロ13000系13121号車  山崎ー長岡京

 

オマケ。

 

一期一会の出会い、207系とも離合して行きます。

 

この写真では判りませんが、207系に乗務する

車掌さんもうわ、何アレ…と離合して行く

13000系を見送っているのかも知れません。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20180526185137j:plain

2018-05-26 13000系の横顔  山崎ー長岡京

 

オマケをもう一丁。

 

ミカンの葉にも見送られ、サントリーの御膝元を

後にする13000系。

 

明後日には埼玉の熊谷貨物ターミナル、そこから

秩父鉄道線を経て東武~銀座線へと入線致します。

 

そういえば、次月の輸送からは行き先が

越谷貨物ターミナルへ変更になると聞いております。

 

そうなりますと、秩父線をかのD級電気機関車

プッシュプルされる姿は今回で最後と

なるのでしょうか。

 

 

本日は甲種の撮影をはじめ、短い間に充実した

鉄活が出来ました。

 

その上、素晴らしい出会いを得られまいた事、

とても励みに感じる一幕がございました。

 

思い返しますと、最近は大御所、お歴々の方々、

親しくお声を掛けて下さる鉄仲間の皆様、

拙ブログをご覧いただく皆様に良くして頂き、

分不相応な充実した鉄活ライフを送らせて

いただいております。

 

一重に皆様のおかげでございます。

 

心より感謝申し上げます。

 

 

明日はようやくお仕事もお休みとなります。

 

何処へ出かけようか、嬉しい悩みに苛まれつつ…

 

 

それでは、

この列車へご乗車いただき、ありがとうございました!