写真は鉄で出来ている。

大阪ー京都をうろつきながら鉄道写真を撮影するオッサンの独り言。

第747列車 「 最後の急行型、七尾線の455系を狙う 2018・夏 信州北陸遠征その7 」

この列車へご乗車いただき、ありがとうございます。

 

 

ニューロンが繋がった、と申しましょうか

どうしても思い出せなかった単語などが後ほど

不意に思い出されたりする様な出来事に対して

その様に申しております。

 

お若い方などは余り経験が無い事かもしれませんが

年を経て参りますと、色々な事に

難儀な思いを致します。

 

先ほども、買い物を終えて自宅駐車場へ車を入れた

まさにその時、家人から頼まれておりました

アルミホイルを買い忘れていた事を思い出し

再び出発するマヌケを演じてしまいました。

 

 

さて、今回の更新は昨夏の遠征記を

綴らせていただきます。

 

北陸本線となりますあいの風とやま鉄道線にて

前回、青い413系を撮影した後はそのまま関西へ

戻る予定にしておりました。

 

所が、不意に記憶が繋がりまして金沢から

能登半島へ延びる七尾線には赤い413系

走っている事を思い出しました。

 

急いで運用を確認しますと、すぐに高岡を

出発すればお目当てが狙える事も判りました。

 

 

高岡からそのまま能登方面へ走り、峠を越え

海が見え始めますと、羽咋に到着です。

 

この辺りで唯一知っておりました撮影地へ

スタンバイいたします。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20190117211309j:plain

2018-07-16 (413系+455系)B11編成  羽咋ー千路

 

光線はなんとも厳しいながら、お目当ての

編成を捉える事が出来ました。

 

前2両は413系なのですが、最後尾の車両は

国鉄急行型にしてここ七尾線用に2両しか

現存しない455系でございます。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20190117211645j:plain

2018-07-16 (455系+413系)B11編成  羽咋ー千路(後打ち)

 

バックショットも。

 

窓配置や客用扉の位置が413系とは大きく

異なります455系。

 

直流急行型形式の165系をベースに開発されました

形式の車両でございまして、急行形ですがお顔は

お馴染みの国鉄近郊型と同型となります。

 

 

しばらく待っておりますと、七尾から折り返して

来ますのでそれも狙っておく事と致します。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20190117212029j:plain

2018-07-16 455系+413系B11編成  千路ー羽咋

 

折り返して来ました編成が千路を出発し

ゆっくりと近づいてきました。

 

まずは遠景で先打ちでございます。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20190117212220j:plain

2018-07-16 455系+413系B11編成  千路ー羽咋

 

七尾線にはこの編成の外に、クハ455-701を

連結した413系のB04編成も残っており、

現在の所2両が未だに現役車として活躍して

おります。

 

車内はセミクロスシートへ改造されて

おりますが、ボックスシートの窓側にも肘掛が

残されるなど、急行型の面影も十分でございます。

 

 

末永く活躍してくれる事を願いながら、

いずれまた会いに行こうと改めて思うのでございます。

 

 

それでは、

この列車へご乗車いただき、ありがとうございました!