写真は鉄で出来ている。

大阪ー京都をうろつきながら鉄道写真を撮影するオッサンの独り言。

第875列車 「 甲48 東京メトロ13000系(13133f)の甲種輸送を狙う 」

この列車へご乗車いただき、ありがとうございます。

 

 

2017年の8月に青春18きっぷを使用して訪れました

美濃大田駅にて購入いたしました釜めしが、今月で

営業を終えるそうでございます。

 

たまたまネットのニュースで記事を見掛けまして、

あれ、この釜飯食べたよなぁ?と拙ブログの

過去記事を検索致しまして確認。

 

ブログ内検索で「釜めし」と打つと出てくるのが

何とも食いしん坊な拙ブログらしいですね…

 

 

記事を読み返し写真を見ていると、何だかあの時

購入した釜めしがまた食べたくなってしまいます。

 

参考までに元記事のリンクを貼っておきますので、

お近くへお立ち寄りの際にはご賞味されてみては

いかがでしょうか。

 


 

さて、今回の更新は今年度に入ってから2度も

撮り逃しました東京メトロ13000系甲種輸送

撮影致しましたご報告となります。

 

ここ数日は予報通りの酷暑が続き、田んぼには

ようやく水が入ったばかりというのに、炎天下と

なります日中。

 

例によって土曜は忙しい身の上でありながら、

何とか時間を作っての参戦でございましたが

お仕事の中抜けゆえ、帽子も水筒も無い状況で

過酷な暑さに耐えるのは辛ろうございます…

 

そんな厳しい状況ではございましたが、撮影地で

ご一緒させていただいた鉄さんがこれまでにも

何度かお会いした事のございます方でして、歓談を

紡ぐ事で涼の代わりとなりました。

 

お話にお付き合いいただき、この場を

お借り致しまして感謝申し上げます。

 

 

そんな訳でわずか15分程でしたが、楽しくお話をして

過ごしておりますとやって来ました甲種輸送

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20190525192203j:plain

2019-05-25 9866列車  山崎ー長岡京

 

EF65 2095が牽引します今回、光線は最高なのですが

西から東へ向かう列車ですので釜の面はどうしても

影になってしまいます。

 

それでも東京メトロ13000系を牽いている、と

判る写真にする為に、敢えて露出を側面に合せての

撮影でございました。

 

お蔭で被輸送車両の車体は綺麗に発色し、満足いく

成果を得る事が叶いました。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20190525192727j:plain

2019-05-25 8865列車  長岡京ー山崎

 

甲種撮影の前には、8865レがやって来るという事で

調子踏切にて撮影しております。

 

今回も広島更新色の1046号機が充当されましたが

単機でしたので釜をドーンと据えた構図で狙います。

 

厳ついその姿は、

一両でも十分に存在感がございます。

 

 

第873列車記事での顛末の様な普電併走も無く、

今回はつつがなく撮影する事が出来ました。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20190525193133j:plain

2019-05-25 9866列車  山崎ー長岡京

 

引いた構図でもう一度。

 

広角構図にまでズームを引きますとレンズの歪みで

水平が崩れて見えますので、構図の難易度がちょっと

上がってしまいます。

 

 

こんなに快晴でも西山周辺には雲が湧いているのが

写真からでも判りますね…

 

大阪平野の終点、京都の山間部とを隔てます山々が

風を遮る事で雲が湧くのでございます。

 

面白い事に、この近辺を境にして東の向日町と西の

高槻では天気が異なる事もよくある話でございます。

 

それほど高い訳でも無い山々ですが、気候への影響は

確かにあるのでございましょう。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20190525194231j:plain

2019-05-25 13133号車  山崎ー長岡京

 

オマケ。

 

鮮やかな青空の下、西に傾きかけた陽を車体に受けて

関西を後にします13133編成。

 

 

増備も今年度で最後という事で、見慣れた感のある

13000系の甲種輸送もいよいよあと11編成でございます。

 

03系を一気に置き換える為、その後の追加増備は

考え難く、撮影出来るときに撮影しておかねば

後で撮りたくなっても叶わぬお話でございます。

 

最後の編成が出場となります前に、是非とも

吹田の国宝機、EF66 27に牽引してもらいたいと

願っておりますが、さて叶うものでしょうか。

 

 

それでは、

この列車へご乗車いただき、ありがとうございました!