写真は鉄で出来ている。

撮らない豚はただの豚だ

第1617列車 「 甲45 都営地下鉄三田線用6500形(6504f)の甲種輸送を狙う 」

この列車へご乗車いただき、ありがとうございます。

 

 

蒸し暑い薄曇りの一日となりました

本日の関西。

 

梅雨らしいかと申しますと、中々首を縦には

振り難いお天気が続いておりますが、この後

雨が降り続く様なメランコリックな毎日が

訪れる事となるのでしょうか。

 

週間予報では来週末、お天気が崩れると聞き

俄かに絶望しております。

 

来週末こそ

晴天であって欲しい所なのでございますが…

 

 

さて、今回の更新はそんな憂鬱なお天気に

関係なく運行されます鉄道の中でも

拙ブログで一際懸命に狙っておりますネタ、

甲種輸送のご報告となります。

 

この日は東大阪の車両メーカー、

近畿車両製造より都営地下鉄の最新車両

三田線用の6500形が落成致しました。

 

4本目という事で世間的には落ち着いた感が

出てきたのかな、と思える程に今回の撮影は

鉄さんが少ない様に感じました。

 

が、それもどうやら気のせいだった様でして

某メジャー所では50名ほどの撮影者が集い

列車を見送ったのだとか。

 

ワタクシも可能ならそこへ参戦したかった…

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20210605190936j:plain

2021-06-05 9866列車

EF65 2068の牽引で関西を巣立ちます

6500形の甲種輸送を狙いました。

 

撮影日が6/5という事で日付ネタにもなる

EF65でございます。

 

4本目という事で6500形も見慣れた感が

出て参りました。

 

後方には普電が写っておりまして

裏被りっぽい気も致しますが、気にしては

負けな様にも思えますのでこれでヨシ!

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20210605191006j:plain

2021-06-05 HOT7000系特急

本番前、違う構図で上り特急を狙う所から

この日の撮影はスタート致しました。

 

普段から見慣れた陰陽連絡の気動車特急で

ございますが、この車両も置換えの話題が

チラッと出て以来、続報が無くて

気になります。

 

関西地区でJR線に乗り入れます民鉄車両は

このHOT7000と丹鉄のKTR8000だけでして

そういった意味でも貴重な被写体でしょう。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20210605191043j:plain

2021-06-05 8865列車

振返りますとEF66 115がザリガニこと

DD200-12を牽引してやって来ます。

 

噂によりますとEF66 114が運用離脱したと

いう話もあり、丸鮫のみならず2次車にも

廃車が発生しだすご時世か、と

驚いております。

 

そう考えますとロクヨンセンから鮫へ

変わった8865レも、堅実に記録を撮り

残しておきたい列車という事になりますね。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20210605191112j:plain

2021-06-05 683系W32編成他9両

ポジションを変えて甲種を狙う為、練習に

撮影しました683系の特急でございます。

 

この撮影で釜のパンタが串にならない様に

シャッターの切り位置を確認して本番へと

挑む事となりました。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20210605191201j:plain

2021-06-05 9866列車

表題から引いた構図でもう一度。

 

ご覧の様にスカート部分に標識が引っ掛かり

心情としましてはアウトでございます。

 

水増し、賑やかしに掲載しております。

 

今回の甲種輸送、上流に布陣されました

お仲間氏から、ケツが剥き出しですよ、と

お知らせをいただいておりましたので

前を撮影後は振り向いて剥き出しのお尻も

狙ってみました。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20210605191238j:plain

2021-06-05 9866列車

オマケ。

 

今までの養生顔とは異なり、素顔を晒して

輸送されます6504編成を捉えました、が

釜の方が切れてしまいました…

 

立ち位置からして、架線柱がドドンと

真ん中に来てしまいまともな後方写真が

狙えませんので、どのみちオマケにはなる

運命ではございますが…

 

改めてその素顔を眺めてみますと

電子レンジというかモニターっぽい

印象を受けます6500形のお顔。

 

黒塗りで目立ちませんが

しっかりと貫通扉も備えた地下鉄車両だと

判るのも嬉しい後ろ姿でございます。

 

今後の甲種輸送でも後面の養生が省かれるか

どうかという点にも興味が湧く所でしょう。

 

次回はもう少しまともな後打ちにも

意識を割きたい所でございます。

 

 

それでは、

この列車へご乗車いただき、ありがとうございました!