写真は鉄で出来ている。

撮らない豚はただの豚だ

第2313列車 「 ゴトー牽引の赤ホキを狙う 2022・GW 名古屋撮影紀行 その2 」

この列車へご乗車いただき、ありがとうございます。

 

 

行きつけのスーパーでお買い物をした際の事。

 

ルフレジで支払いを済ませて釣り銭と共に

出てきたレシートを、不用レシート入れの小箱

へ捨てようとしましたら、小箱が無い。

 

手隙な従業員さんに、小箱は?と伺いますと

撤去したのだとのお返事でございました。

 

いやレシート要らんのやけど…

 

店内に放置する訳にもいかず不用な紙切れを

持ち帰る羽目になりました。

 

経費削減の為にゴミ処理費用をカットすべく

レシートを捨てるのをNGとする姿勢には

ワタクシ疑問を抱かざるを得ません。

 

そんな事をすれば店内に不用レシートが散乱し

店が小汚くなる様にも思えます。

 

家庭ゴミを店に持ち込む輩が居る為に普通の

ゴミ箱が撤去されるのは仕方がない話でしょう

が、レシートくらい捨てさせてよ、と嘆く客は

多いのでは無いでしょうか。

 

特に品物が安い訳でも、品揃えが優れている

訳でもなく我が家から近いだけのスーパー。

 

今後は来店を控えようかと考えさせられます。

 

 

さて、今回の更新は名古屋界隈をブラついての

撮影第二弾でして、赤ホキを狙いましたご報告

となっております。

 

赤ホキと申しますと日曜運休の為、拙ブログの

撮影対象としてはご縁が少ない被写体なのは

以前にも申し上げました通りでございます。

 

が、GWは動いているとの報せをいただき

早速狙うべく、名古屋へ向かったのでした。

 

 

2022-05-05 5780列車

EF510-515牽引の赤ホキが構内へ入線します

場面でございます。

 

GW中はどうやら運用が固定され、ゴトーは

毎日この釜が赤ホキの牽引を担っているのだと

伺いました。

 

ではここから、本命に至るまでの流れをザッと

ご紹介させていただきます。

 

 

2022-05-05 311系G10編成

先ずは311系、こちらは豊橋方面へ向かいます

上り列車でございます。

 

貨物列車の入れ替えや待避用の側線があります

駅構内ですが、本線は一番奥側となります。

 

新幹線の高架が本線を跨ぐ様に通っており

長い編成は高架の桁に隠れてしまいます。

 

4連だと大丈夫なんですけどね。

 

 

2022-05-05 313系Y10編成

架線ビームが邪魔ですが、下り列車も狙って

みました。

 

やはり下り本線も奥側になっておりまして

撮影には些か不向きでございます。

 

 

2022-05-05 313系Y117編成ほか8両

再び上り本線、中央西線では終ぞ見なかった

313系オンリーな8両でございます。

 

や、別に嬉しい訳では無いのですが。

 

313系愛好家の方には申し訳ないのですが、

個人的にはやはり211系や311系が好ましくて

313系埒外という目で見てしまいます。

 

でも、キハ25を含め東海で一番よく見る顔の

車両なんですよね。

 

 

2022-05-05 311系G14編成

とか考えておりましたら、下りからも311系

来てくれました。

 

ビードを持つ側面、3扉な配置は如何にもな

近郊形でございまして、211系を柔らかくした

様なマスク共々ワタクシを惹きつけます。

 

是非とも形式消滅させずに、どこかの私鉄線へ

譲渡して欲しいなぁと思ってしまいます。

 

カラーが同じ伊予鉄とか駄目でしょうか…

 

 

2022-05-05 5780列車

今回の〆。

 

巻頭コマからレンズを引きつつ連写しましての

二発目でございます。

 

架線梁の影はトップ光線故に無効化されまして

その分、側面の色自体が暗くなっております。

 

美濃赤坂から牽引して来ました赤ホキですが

この駅にて、EF510のお役目はお終いとなり

牽引はDLへと引き継がれます。

 

次回は、そんな赤ホキのその後に

焦点を充てました記事を予定しております。

 

 

それでは、

この列車へご乗車いただき、ありがとうございました!