読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

難波オヤジの鉄道写真運転報?

大阪ー京都をうろつきながら鉄道写真を撮影するオッサンの独り言。

通達118 「 再履修 トワ釜の配7993レを狙う 」

この記事をご覧いただき、ありがとうございます。

 

 


本日も大変ハードな1日となり、非鉄ですごしております。


昨日はC56の北陸線試運転も無事に終えた様で、北びわこ号はもう暫くC56の登板が続くのでしょうか。


夏のやまぐち号重連にもC56登板がアナウンスされていますから、小さくて可愛くも頼もしい姿を今しばらくは楽しみたいですね。

 

一方で故障からの復帰が待たれているD51もそろそろ動きがある様で。

本線復活を楽しみにしております。


話が逸れました。

昨日実施されたC56試運転の伴走を担当したのは、EF65 1124号機。

いわゆるトワ釜でした。


トワイライトエクスプレス亡き今では、工臨や配給の牽引が主な仕事になっております。

JR東日本のEF81 95号機も似た様な感じですね。


 

さて、通達117でチラッと触れました

私が勝手に師匠と読んでいる方のブログがありまして、

その方の撮影圏が私の撮影地域と被っている事もあり、

参考にさせていただいておりました。

 

この日も師匠の画像を再現したいな、と目論見ながら

トワ釜の配7993レを再履修しようと桂川駅へ向かいました。

 

という事で

まずは練習列車を。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170419233023j:plain

2017-04-16 第5087列車  京都貨物ー向日町(操)

 

白プレ釜であるEF65 2094号機が牽引しておりました。

 ベストポジションに老齢のご夫婦がいらっしゃり、

次点ポイントで狙ったのが上の画像です。



この日の昼下がり、とても暖かな日差しで春麗らかな午後でございます。

5087レを撮影後、目的の列車まで少し時間があったので

お花を摘むべく席を外しました。

 

戻ってみるとご夫婦は去り、

ベストポジションには一人の鉄さんが陣取って居られます。


2名まで許容出来るポイントなので、先客の方に傍で撮影させてもらってよいかと

確認すると、OKとのお返事。


更に、初めてここを訪れた私にこのポイントでの撮影指南を

ご自身のスマホ画像を表示してご丁寧に細かく教えてくださいます。

 

その際にスマホで表示された画像が、

私が師匠と勝手にお呼びしているブログの画像じゃないですか!?

 

恐る恐る、「もしかして、師匠さんですか?」と尋ねると

「そうですよ」とのお返事!

 

思わず興奮して、いつもブログ見てます!ファンです!と口走ってしまいました。

が、先方さんも慣れていらっしゃるのか私の妙ちきりんなセリフに

笑顔で紳士な対応をして下さいました。

 

 

以前にも配7993レをご紹介した折に触れていましたが、

大阪の安治川口から梅小路へ輸送されたレール貨車「チキ」は

梅小路から向日町までの短距離だけJR西日本の機関車に牽引されます。

 

その一方で貨物釜の方は空荷のチキや単機で一足先に梅小路を出発します。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170419234445j:plain

2017-04-16 第1881列車  京都貨物ー向日町(操)

 

吹田機関区のEF210 108号機が単機で戻っていきました。

 

この後、目標の配7993レがやってきます。

 

その間にも師匠は今回運ばれるレールの輸送予定やなんかを話して下さったり、

師匠のブログについて教えて下さったり。

私もつい過去画像を見たいです、とリクエストしてみたり。

とても幸せな時間となりました。

 

そしてやってきました、この日のメインディッシュ。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170419234850j:plain

2017-04-16 配7993列車  京都貨物ー向日町(操)

 

今回は、チキ2両にレールが積載されているのがしっかりわかるカットを確保。

しかも、光線状態もバッチリです。

 

 

師匠とシャッターを切るタイミングも一緒!と心の中で喜びながらの撮影でした。

 

撮影が終わると師匠はお帰りになられるとの事でしたので、

握手をお願いして別れました。

 

 

おまけ。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170419235353j:plain

2017-04-16 第5070列車  桂川

 

配7993レの後に来る上り貨物に鯨が代走で入っていたので捕獲。

 

このポイントはケーブルが邪魔ですが

光線具合を考えると仕方がありません。

 

 

帰宅して師匠のブログを閲覧すると、

私との会話エピソードに触れた内容でアップして下さっていました。


また、リクエストした過去画像も

お応えいただいており、嬉し恥ずかしな週末となりました。

この場をお借りして師匠には感謝申し上げます。






 

それでは、

この記事をご覧いただき、ありがとうございました!