難波オヤジの鉄道写真運転報?

大阪ー京都をうろつきながら鉄道写真を撮影するオッサンの独り言。

通達225 「 EF200代走の福通55レを狙う 2017朝連シリーズ6 」

この記事をご覧いただき、ありがとうございます。

 


 本日の更新は首都圏からお届けしております。


昨夜、ウチを飛び出して大垣から数十年振りに、ムーンライトながらに乗車致しました。



先月12日に駄目元でみどりの窓口へ行くと、奇跡的に座席が確保出来たのです。


そこで、お盆休みに合わせて関東遠征と相成りました。



本日の目的は、

以前から撮影意欲を掻き立てられていたカニ目のC11、

この10日から営業運転を開始した東武鉄道のSL大樹でございました。


私のお盆休みと大樹の運転日が13日しか合わず、強行軍となりました。



また、天気予報が見事に外れ、ズブ濡れとなってしまったのは誤算でしたが、遠征をした甲斐のある成果は得られました。


リバティにも乗りました。真新しく斬新で乗り心地もよく、大好きな車両になってしまいました。



素敵な出会いも沢山ありました。感謝です。


お弁当などもペロリと頂きました。やはり睨んだ通り、つくねは絶品でございます。



私信になってしまいました。すみません。

その辺りの遠征報告は、いずれまた。



 

さて、今回の更新は

事前に鉄仲間の方から

サロンカーなにわの早朝試運転が実施される様だ、と連絡をいただいておりました。

 

そこで、当日はその仲間の方と合流して撮影しようという事になり、

早朝に撮影地へ。

 

しかしながら早起きして構えていたものの通過時刻を過ぎても列車が現れず

どうもウヤっぽいな、という事で気持ちを切り替える事にして、カモレ撮影会に変更となりました。


というのも、この日の朝の列車にオカキのEF210-1号機が充当されている事がわかり、

プチネタとして撮影を提案したところ、鉄仲間の方も賛同下さいましたので、場所を移します。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170807231219j:plain

2017-07-21 3097列車  島本ー山崎

 

ゴトートップことEF510-1号機が先頭でやって来ました新潟行の高速貨。

 

まずは移動前に一枚。


以前に亀山配給を狙った堂の後踏切にて、

サロンカーを迎える布陣を敷いておりました際の副産物でございます。

 

折角なので公開して供養いたします。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170807231254j:plain

2017-07-21 1069列車  長岡京ー山崎

 

桃トップを迎えるために下り列車の撮影地である名神クロスへ。

まずは練習に一枚。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170807231329j:plain

2017-07-21 5055列車  長岡京ー山崎

 

お次はオカキの7号機が代走に入ったカモレでございます。

 

初期の桃太郎さんはクロスパンタを装着しておりまして、

デザイン的にEF66 100番台の後継機種である事を強く感じさせます。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170807231356j:plain

2017-07-21 57列車  長岡京ー山崎

 

レンズを標準系に付け替えて狙います。

コンテナも釜も、JRFロゴが付いている今が貴重なのでしょうかね。

 

 

桃の塗装は最初の全般検査では塗り直さないそうなので、

登場から16年以上経った2度目の全検からが変化の機会となるのでしょう。

 

そうすると、国鉄機の様に工場毎に塗装が異なる釜が出て来て

スター機が誕生していき、桃界隈も活性化するのでしょうかね。

 

妄想ですが。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170807231427j:plain

2017-07-21 1057列車  長岡京ー山崎

 

こちらが今回の小ネタ、桃トップことEF210-1号機。

コキの1両目最後に緑色のコンテナが載っており、

よいアクセントになっておりました。

 

さあ、ミッションクリアで撤収しましょうか、と思ったのですが

ここで普段から撮影地でお声をかけて下さる鉄の某シマ氏がいらっしゃいました。

 

「なんぞネタがあるのですか?」と伺うと、

この後の55レにEF200が代走で入っているとの事。

 

うわ、それは未確認でした、と

しまいかけたカメラを取り出し再度スタンバイです。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170807231457j:plain

2017-07-21 55列車  長岡京ー山崎

 

EF200-2号機が牽引する緑一色の貨物列車。

 

朝の福山貨物駅行きフクツ―列車は通常、オカキの桃が運用に就いておりますので

スイキの、しかも鯨さんが充当されるのは極めて珍しい事でございました。

 

この列車のコンテナはデザインの統一性が無いので、

2両目の後位コンテナから細帯でくすんだ色合いになっておりますのが少し残念。

 

 

とはいえ、朝のカモレを狙いながら鉄仲間との鉄話に花を咲かせて過ごすひと時は

とても有意義で、幸せを実感しております。

 

本来の目的であるサロンカーなにわは狙えませんでしたが、

それでも充分に早起きして良かったと思える時間が過ごせまして感謝でございました。

 

改めて、鉄仲間さんと某シマ氏にはこの場をお借りしてお礼を申し上げます。

 


 

それでは、

この記事をご覧いただき、ありがとうございました!