読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

難波オヤジの鉄道写真運転報?

大阪ー京都をうろつきながら鉄道写真を撮影するオッサンの独り言。

通達034 「 放出工臨を夜闇の高槻で狙う 」

鉄道写真 工臨

この記事をご覧いただき、ありがとうございます。

 

今宵は節分。

恵方を向いて黙々と丸かぶりを平らげるミッション、皆様は成功されましたか??

 

私はこの更新が終わったら、

うすくち醬油ですまし汁を作って恵方巻きをかぶりつこうと考えております。

確か今年は北北西でしたっけ?

 

今日も忙しくって非鉄となりましたので、

先月撮影して放ったらかしにしていた

画像を本日の更新に当てます。

 

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170203183804j:plain

2017-01-19 工9251レ  高槻

 

 

今年は初めての工臨撮影となりました。

 

この画像、DD51 1109号機が2両のチキという形式の貨車を牽引しています。

 

チキは長物車という分類の貨車で、画像を見て頂ければわかるかもしれませんが

レールを積載して運搬するための車両なのです。

あまり一般的ではありませんが、レールや線路の砂利、枕木と言った軌道を構成するものは主に深夜帯に保線要員によって新設または交換されています。

 

その頻度は線区によって、会社線によって異なりますがおおむね手法は同じものだとお考えください。

 

この工9251列車の場合ですと、JR西日本のレール管理を行っている向日町のレールセンターから、新線(おおさか東線)建設が行われている放出という所まで工事に必要なレールを運搬するための臨時列車、となります。

工事の為の臨時列車というわけで「工臨(こうりん)」と呼ばれています。

 

 

私の場合、仕事の都合上夜間と早朝に気軽に撮影に行けない身分としては

何とかやりくりして都合をつけたネタの撮影が、思い描いた絵になっていると

とても嬉しく思います。

 この日は目標列車の通過間際に到着し、

撮影後すぐに離脱したので練習電やなんかは全く撮影しておりませんでした。

従って一葉きりの更新となります。

 

 

それでは、

この記事をご覧いただい、ありがとうございました!