難波オヤジの鉄道写真運転報?

大阪ー京都をうろつきながら鉄道写真を撮影するオッサンの独り言。

通達254 「 キヤ祭り!高山本線でキヤ95を狙う 2017夏遠征2その2 」

この記事をご覧いただき、ありがとうございます。

 

 

 本日は終日お仕事に追われる事となり、行きたいネタがあったものの

非鉄に終わりました。

 生きるためですので、仕方がありません…

 

 

さて、本日の更新ですが、8月の最終週に青春18きっぷの5日目が残っておりましたので

消費するため、日帰りプチ遠征を実施致しました。

 

行先は岐阜県でございます。

 

売店がオープン前の早朝に関西を発ち、西日本と東海の境界となる米原駅

乗り換えの待ち時間に何かお腹へ入れようと思っておりました。

 

所が米原駅でもまだ売店は開店前。

次第に空腹感が増してまいります。起床時から数えて

この時点で3時間が経っておりました。

 

その後の乗り換えは大垣、岐阜と続くのですが、乗り換え時間の余裕を見ると

岐阜駅までは購入できそうもありません。

 

結局、起床時から4時間と少しした岐阜到着時に、駅の改札を出てすぐの所にある

サブウェイにてサンドものと飲み物を購入する事が出来ました。

 

ですが、今度は岐阜から発車する高山本線の列車まであまり時間がありません。

店内でお召し上がりですか?と可愛く聞いてきた美少女店員さんに、テイクアウトで、

とお願いして支払いを済ませます。

 

紙袋に入ったサンドを抱え、改札を抜けて高山本線の列車へ乗り込み

ようやく一息つこうと思ったその刹那。

 

私は衝撃を受うけてしまったのです。

 

高山本線から昨年、国鉄気動車が撤退して新たに製造された

キハ25系が走っているのは知識として理解しておりました。

 

その外観が313系電車と瓜二つな事も。

 

 

でも座席がロングシートだなんて全く知らなかったのです。

 

更に休日の朝、下り列車にも関わらず乗客は座席が埋まって立席客が

チラホラとみられる程度に混み合っておりました。

 

 

サブウェイで購入したサンドは、コッペパンのような形状のパンで、

腹の部分に切り込みが入り、数々の野菜とハムがその切込み部分に

詰め込まれております。

 

ちょっとした菓子パンならまだしも、

このサンドをそこそこ混雑しているロングシート車の座席で食べる勇気は

私には…

 

 

ですが、空腹ももはや限界。

というか目の前、手の中には

さっき拵えていただいた美味しそうなサンドが有るのです。

 

食べるな、なんて酷ですよね?

 

恥?外聞?何それ美味しいの?サンドより。

 

 

追い込まれた私は非常な決断を下しました。

出来るだけ周囲に迷惑を掛けないよう、サンドの内容物が零れないように

細心の注意を払いつつ、サバンナで獲物を仕留めたライオンの様に

貪ってしまったのです。

 

あーおいしかった…

 

 

食べ終わってからは周囲の乗客からの冷ややかな視線に怯え、そっと目を瞑って

寝たふり大作戦を決行いたしました。

 

 

列車は美濃太田から太多線へと進路を変えるので、

ここで下車し、高山本線下呂方面へ乗り継ぎます。

 

美濃太田の次の駅、古井で下車し、その次の駅である中川辺方面へ徒歩20分、

到着したのがこの撮影地でございました。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170910190620j:plain

2017-08-27 キハ85系「ひだ」  古井ー中川辺

 

近い将来、ハイブリッド気動車への置き換えが発表された85系気動車

増結2両を前に、天狗山のトンネルから勢いよく飛び出した所をキャッチ!

 

 サンドで空腹も満たされ、テンションも平常に戻りました。

 

単線の線路脇には植生が生い茂っており、車両の足回りを隠してしまうのが

残念ですが、仕方がありません。夏ですもの。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170910190747j:plain

2017-08-27 キハ85系「ひだ」  古井ー中川辺(後打ち)

 

 バックショットも狙いましたが御覧の通り、このポイントでは5両ですと

編成が抜けません。

 

ですが、目標は3連ですので気にせずにスタンバイ。

 

 

85系気動車で練習した露出を頼りに、調整をして狙った獲物を待ちます。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170910190847j:plain

2017-08-27 試9638D  中川辺ー古井

 

 やってきたのは、JR東海が導入した軌道・架線検測車キヤ95の第2編成。

 

先頭の車両は側面の窓配置が不揃いで、いかにも事業用車といった趣です。

また、側面の帯も東海の旅客車両の様なコーポレートカラーであるオレンジではなく、

爽やかな2色の青とされています。

 

しかし前面は見事なまでに真っ黄色で、

これもまた、事業用車両らしさが打ち出されておりました。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170910190937j:plain

2017-08-27 試9638D  中川辺ー古井(後打ち)

 

 古井駅へ向かって天狗山トンネルに進入するキヤ95。

 

夏空には飛行機雲が線路のようにたなびいておりました。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170910191428j:plain

2017-08-27 試9640D  美濃太田(後打ち)

 

 古井での撮影が終わり、美濃太田駅へ戻ってまいりましたら、

丁度、運転停車していたキヤ95が岐阜へ向けて出発する所でございました。

 

左手奥の出発信号が青を現示しております。

 

この撮影をした直後、キヤ95は美濃太田駅構内をゆっくりと出発していきました。

 

 

 

 

それでは、

この記事をご覧いただき、ありがとうございました!