写真は鉄で出来ている。

大阪ー京都をうろつきながら鉄道写真を撮影するオッサンの独り言。

第718列車 「 レール積載!堅田工臨の復路を狙う 」

この列車へご乗車いただき、ありがとうございます。

 

 

私が子供の頃、テレビで放映されておりました

マンガ日本昔ばなしは土曜夜のお楽しみの一つで

ございました。

 

常田富士夫と市原悦子が二人だけで紡ぐ映像と

音楽は、今でも様々な場面を思い起こさせます。

 

昔ばなしのフォーマットは大抵決まっておりまして

エンターテインメント、いわゆるエンタメに

則しつつ教訓を挿入する手法で、当時の私は大いに

影響を受けたものでございました。

 

そんなお決まりフォーマットに則ったストーリーの

一つに、お馴染みの童話であります「舌切り雀」が

ございます。

 

本来は日本語ですとタイトルが「舌切られ雀」に

なると思うのですけれど、そこは今回突っ込む

所ではございませんのでスルーしておきます。

 

でもまぁ、舌切り雀だと悪い子の舌を切り裂く

恐ろしい雀かと思ってしまいますよね。

 

首狩り族、みたいな。

 

リストラすっぞーって言いながら

オフィスにやって来るのですよ、きっと。

 

おや、誰か来た様ですね。こんな時間なのに…

 

 

舌切り雀の本筋はさておき、物語の展開は

良い爺さんと悪い婆さん、二人の選択の違いで

迎える結末がそれぞれ異なるという勧善懲悪な

構造となっております。

 

この物語、良い爺さんの相方が良い婆さんだったと

したら、お話はどのように進行したのでしょう…。

 

雀は舌を切られずに、いつまでも幸せに

暮らしたのでしょうか?

 

 

さて、今回の更新は月曜に白昼運転されました

凸牽引の工臨を撮影に行っておりましたので

ご報告申し上げます。

 

この日は午後からの5087レにカラシこと

2127号機が充当され、それと絡めて撮影すべく

イオンストレートへと赴きました。

 

お天気は陽が射したり曇ったり、雨がパラつく

気まぐれな空模様でございまして、列車が

来るまでその都度、設定を変更せねばならない

状況でございました。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181218211136j:plain

2018-12-17 工9574列車  桂川ー向日町

 

DD51 1183が牽引する堅田からの返却便ですが

使用済みの古レールが積載されておりました。

 

左上にチラリズムで晴れ間が見えておりますが

撮影ポイントは分厚い雲が少し緩んだ程度の

光線具合でございました。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181218211953j:plain

2018-12-17 683系T51編成他12両  桂川ー向日町

 

5087レ通過後には激Vとなる晴れ模様となり

架線ビームの処理をどうしようかと、嬉しくも

難しい問題に挑んでおりました。

 

所が暫くすると…

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181218212329j:plain

2018-12-17 281系HA603編成  京都貨物ー向日町(操)

 

こないな(こんな)具合に曇ってしまいます。

 

奥は晴れ、手前が曇るマンダーラ

 

一句読めました。季語はございませんが。

 

 f:id:kyouhisiho2008:20181218212706j:plain

2018-12-17 工9574列車  桂川ー向日町

 

レンズを引いてもう一度。

 

お天気具合は残念なマンダーラとなりましたが

久し振りに定尺チキの積載姿を撮影出来て

満足する事が出来ました。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181218213014j:plain

2018-12-17 工9574列車  桂川ー向日町(後打ち)

 

オマケ。

 

バックショットはタイミングがずれてしまい

釜を架線柱に引っかけてしまいました…

 

 

良い婆さんならぬ1183(イイバーサン)が颯爽と

牽引するこの日の工臨

 

昔話に出てくるとしたら、きっと働き者のお婆さん

なのでしょうね。

 

良い爺さんと雀を乗せ、今日も元気に

各地へレールを運ぶ良い婆さんの物語、

それは今もまだ続いている物語なのでございます。

 

 

それでは、

この列車へご乗車いただき、ありがとうございました!

第717列車 「 重連ロンチキ!新宮工臨の発送を狙う 」

この列車へご乗車いただき、ありがとうございます。

 

 

昭和生まれの鉄さんにとって、重連と申しますと

想起されるのはどのような線区でしょうか。

 

北海道のブルトレ、東北のナナゴ貨物、山陰の出雲

関西本線の石油貨物辺りは、平成になっても重連

楽しめたものでございました。

 

それも今では北海道からはDD51が駆逐され、

本州も含めて定期旅客列車さえも無くなりまして、

重連を撮影する機会はめっきり減ってしまいました。

 

JR線で比較的気軽な撮影の機会があるのは

中央西線くらいではないでしょうか。

 

 

さて、今回の更新は14日に撮影しておりました

新宮工臨の模様をご報告致します。

 

拙ブログにおきまして、紀勢本線へ運転されます

工臨重連で走ります模様は何度かお届けして

おりました。

 

今回は土日に紀勢本線を走るという事で、

和歌山方面へと赴かれた鉄さんも多いと思われます。

 

生憎私は激務の疲労で元気が無かったのと、土日は

地元を甲種輸送が運転されますので、そちらを

優先させました為に参戦は不可能でございます。

 

そこで、工臨も地元を走行する夜間に

撮影しておく事に致しました。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181217220415j:plain

2018-12-14 工9895列車  茨木

 

茨木駅へ停車する為に側線を進む重連工臨

 

先頭はDD51 1191、機次位はDD51 1193が担って

おります。

 

 

茨木駅で入線を狙うべく待っておりますと、

構内アナウンスで

「業務連絡、工臨9895列車、高槻通過」とホームに

流れます。

 

普段は勿論こんなアナウンスはありませんから、

茨木駅からの嬉しいファンサービスだったと

思っておきます。

 

一般の乗客からすると何のこっちゃ判らない

業務連絡も、我々には有難い情報でございます。

 

高槻を通過したとの事で、約8分後には茨木に

着くという事で準備を始めたのでございました。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181217221040j:plain

 2018-12-14 単8792列車  長岡京

 

ムコソを始発とする工臨の運転に先立ち、

機関車の送り込みがミハソ→ムコソで

実施されました。

 

こちらはいつもの場所で撮影しております。

 

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181217221459j:plain

2018-12-14 単8792列車  長岡京 

 

コチラが本命ショットでございます。

 

DD51の重単もこんな時でしか撮影機会は

ありませんので、貴重なチャンスと思い

シャッターを切っております。

 

 

この時点で今回の重連は1191+1193の

ペアだと判りましたので、安心して

茨木へと向かうのでした。

 

何故、安心なのかですか?

色合いの異なる1183が入ると折角の重連でも

見映えが変わってしまいますので、出来れば

同じ色合いの釜で組んで欲しかったのでございます。

 

 f:id:kyouhisiho2008:20181217221949j:plain

2018-12-14 工9895列車  茨木

 

表題のコマから連写しておりました。

 

ハイビームに照らされる茨木駅構内を進む工臨

 

唯でさえ格好いいDD51が2両連なるなど、

素敵に無敵でございますね。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181217222008j:plain

2018-12-14 工9895列車  茨木

 

オマケ。

 

バックショットは残念ブレでございますが、

機次位エプロンを撮影したくて

夢中でシャッターを切っております。

 

 

中央西線に今も残りますロクヨンセンの重連運用も

迫力がありますが、 ディーゼル重連もまた

大迫力でございます。

 

 この冬は恐らく、関西本線の石油輸送にはもう

入らないと思われます凸の重連

今後は紀勢本線での工臨に期待するしか

ないのでしょうか。

 

 

それでは、

この列車へご乗車いただき、ありがとうございました!

第716列車 「 DE10 1115の出場配給を狙う 」

この列車へご乗車いただき、ありがとうございます。

 

 

来年の話でございますが、伯備線JR四国

8600系を走らせるツアーが実施されるそうで

ございます。

 

ついにクルーズ列車では無い車両を使用した、

他社線への乗り入れツアーが実施されるのかと

考えますと、胸が熱くなります。

 

JR四国の8600系は岡山までであれば定期列車で

乗り入れているのですが、元祖振り子車両の牙城と

なっております伯備線内での営業運転は今回が

初めてでございますので、是非とも盛況のうちに

実施となって欲しいものでございます。

 

 

さて、今回の更新は前説のトピックとは全く

関係の無いお話となりまして恐縮なのですが、先週

11日に後藤総合車両所から出場致しました

DE10 1115が宮原支所へ戻るシーンを撮影して

参りましたご報告でございます。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181217204925j:plain

218-12-11 223系MA02編成  福知山

 

終点の福知山駅へ入線して参ります、福知山線

快速列車。

 

大阪から福知山へとやって参りますのは宮原区の

223系でございます。

 

お目当ての配給列車が入線するのは5番線という

事で今回は対向の4番に陣取っておりました。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181217205300j:plain

2018-12-11 223系MA02編成  福知山

 

後姿もパチリ。

 

バックは2丁パンタとなっておりました。

 

223系の前パン姿って初めて見ました…

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181217205438j:plain

2018-12-11 223系F15編成  福知山

 

反対のホームには福知山区の223系も停車中でした。

 

こちらは2連の小ぶりな編成でございます。

 

同じ223系なのですが、こちらは併結運転を

考慮して前面の傾斜が抑えられのっぺり顔に

なっております。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181217205715j:plain

2018-12-11 配9708列車  福知山

 

DD51 1109が牽引して、お目当ての配給列車が

到着致しました。

 

列車の入線直前に、4番線へ特急が

入線しまして対向構図が撮れません。

 

止む無く5番線へ移動して面打ち構図で

入線を撮影します。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181217210023j:plain

2018-12-11 配9708列車  福知山

 

取り敢えず、

旋回窓を持つ1115のバックショットを。

 

 

特急にブロックされる形となり、

仕事終わりに大急ぎで福知山まで

やって来た苦労が水泡へと

帰してしまいました…

 

が、せっかくここまで来たのですから、

毒を喰らわば皿までの精神で追っ掛けを

敢行する事に致します。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181217210418j:plain

2018-12-11 雨に濡れる駅名板  南矢代

 

やって来ましたのは、福知山線内の

対向ホームを持つ駅でも明るい照明が

有難い南矢代でございます。

 

 

この日は雨が降りしきる夜でございまして、

道中で雨が雪に変わってしまったらどうしようか

と、戦々恐々としながらの運転でございました。

 

なんとか達郎が歌うクリスマスソングの様に、

雪へと変わってしまいますとスリップして

帰れなくなってしまいます…

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181217210846j:plain

2018-12-11 223系4連  南矢代

 

通過する丹波路快速を流します。

 

上手く合わせられず撃沈…

 

傘を差しながら撮影しようとして、傘に手が当たり

ズームレンズが回し切れませんでした…

 

そこで、本番ではミスの無い様に屋根のある所から

傘を差さずに撮影を試みます。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181217211135j:plain

2018-12-11 配9708列車  南矢代

 

思ったよりも雨足が強まり、ヘッドライトの

ハイビームも相まって判り辛いのですが、

何とか釜番が読めるレベルで撮影が出来ました。

 

後ろのデーテンも乱れている割には、辛うじて

旋回窓も判る程度に写せております。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181217211414j:plain

2018-12-11 配9708列車  南矢代

 

連写した次のコマではピント位置を

越えているので盛大にボケております。

 

このコマを本命に出来れば良かったのですが

その辺はまだまだ未熟者ゆえ、今後の

精進に掛かっております…

 

 

冬の山間部で雨の降る中、ノーマルタイヤ

突撃してしまいました今回ですが、撮影も何とか

及第点が撮れ、帰宅も無事に出来まして

ホッとしております。

 

この翌日、早速冬用タイヤに履き替えたのは

言うまでもございません。

 

 

それでは、

この列車へご乗車いただき、ありがとうございました!

第715列車 「 甲109 京浜急行電鉄 新1000系(1649-1654)の甲種輸送を狙う 」

この列車へご乗車いただき、ありがとうございます。

 

 

今年の秋の話でございますが、誘致活動に

取り組んで来ました大阪万博の開催決まり、関西の

鉄道界隈にも活況が見込まれます要素が生まれて

おります。

 

万博会場となります咲洲夢洲への移動手段として、

京阪電鉄が地下鉄中央線へ乗り入れる案や、関空から

環状線をスルーして南海社線共々に新大阪へ

乗り入れますなにわ筋新線など、大阪市内を中心に

暫くはおめでたい話が続く事でございましょう。

 

 

一方、首都圏へ乗り入れますこの鉄道は万事が

おめでたい様で、紅白に彩られた車体は

眺めるだけで幸せになれそうでございます。

 

 

さて、今回の更新は本日撮影して参りました

京急の新1000系増備車の甲種輸送の模様を

ご報告申し上げます。

 

京急の新1000系は丁度昨年12月にも、日曜に甲種が

実施されまして、その時は川重から出場してきた

列車を鷹取で撮影し、京都駅まで追っかけを

敢行しておりました。

 

今回も大好物の甲種輸送ですから、朝から参戦も

考えたのでございます。

 

朝、起床して朝食を摂るべく居間へいきますと、

家人が録画したお笑い番組を見ておりました。

 

おコタ(コタツの事です)に入りながら、勝利の

祈願にとイチゴジャムを塗った京急カラーのパンと

みかんを食しつつ一緒に番組を見ておりました。

 

 

…気が付いたらお昼前でございます。

 

どうやら、おコタで

寝落ちしてしまった様でございます。

 

テレビは消え、家人はおらず冷え切ったおコタで

震えて目が覚めたのでございます。

 

家人なんて最初から居なかったのではないか、

朝食など摂ってなかったのではないか、など

どこまでが夢で、どこからが現実なのか、

微妙に不安な気持ちになりながら、撮影の算段を

致します。

 

もう今からでは何処へ出向いても中途半端に

なってしまいますので、それならば通い慣れた

近場の調子界隈にしようと決めたのでございます。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181216210028j:plain

2018-12-16 9866列車  山崎ー長岡京

 

EF65 2089の牽引する京急新1000系の甲種輸送

捉えました。

 

今回は曇天でしたので、光線具合を気にせずに

ここへやって参りました。

 

今年の春にもPFが京急を牽引する甲種をここで

狙っておりまして、その時は哀れ特急に被られての

大撃沈でございましたので、今回は再履修が叶った

事になります。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181216210429j:plain

2018-12-16 223系V30編成他12両  山崎ー長岡京

 

複々線の4線中3線に列車がいるという状況。

 

 

何度も来ております調子踏切なのですが、その都度

露出を合わせて構図を確認しております。

 

慣れは失敗の原因でございますからね。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181216210740j:plain

2018-12-16 9866列車  山崎ー長岡京

 

連写しておりました内の一コマ。

 

串パンになりましたので慌ててカメラを

チョイ右に振って表題のコマを確保しております。

 

 

脳内ではチビ達三人が

「そう、チョイ右!そのまま真っ直ぐ」と

言っておりました。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181216211245j:plain

2018-12-16 9866列車  山崎ー長岡京(後打ち)

 

オマケ。

 

バックショットも狙おうと構えますと、

このスジの天敵であります特急が丁度顔を見せた

所でございました。

 

折角なので一緒に収まって貰おうと構図を広く取り

京急と683系との共演を演出してみました。

 

 

甲種のスジが30秒遅延していれば、踏切構図も

特急に貪り食われていた事でしょう。

 

当たり前の事かもしれませんが、定時運行に

ご尽力いただく鉄道マンの皆様に感謝でございます。

 

 

それでは、

この列車へご乗車いただき、ありがとうございました!

第714列車 「 甲108 東京メトロ13000系(13129f)の甲種輸送を狙う 」

この列車へご乗車いただき、ありがとうございます。

 

 

JR各社が来春3/16に実施しますダイヤ改正の概要が

発表されております。

 

実は忙しくてまだ詳細を確認してはいないので、

改正の内容については触れられませんが、今回も

幾つかの列車や形式が本線上から姿を消すという

話を聞いております。

 

去る者がいれば来る者もいる、そんな鉄道業界の

車両事情を垣間見る一コマを、今夜もお届け

致します。

 

 

さて、今回の更新はいつの間にやら29本目と

なります東京メトロ13000系の新製出場に伴い、

甲種輸送が実施されました模様を本日、撮影して

おりますのでご報告申し上げます。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181215201815j:plain

2018-12-15 9866列車  山崎ー長岡京

 

本年最後のメトロ甲種となりました13000系の

13129fは、新鶴見の青プレ釜EF65 2093に牽かれて

巣立っていきました。

 

 

近畿車両を出場する甲種輸送のスジは、この時期でも

辛うじて陽が残っている裏調子にて狙いました。

 

とはいえお日様は西山の向こうに消え行き、

西の空にはほんのりと朱が挿して参りました。

 

ドヴォルザークの「新世界」第一楽章を奏でるラッパが

聞こえてきそうな雰囲気の中を、13129fにとっての

新世界へ向けて東を目指します。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181215202736j:plain

2018-12-15 223系V33編成他12両  山崎ー長岡京

 

次の改正から一日4往復だけですが、12両の

新快速に1両だけ設けられる有料座席Aシート。

 

A(ええ)シートなんてダジャレが出落ちに

ならなければ良いのですが、経済観念がシビアな

関西人にとって満足いく価値が出せるのか、現状で

発表されている内容を見るにつけ厳しい戦いを

強いられそうでございます。

 

連結される有料座席車は編成の中ほど、前から

4両目になるそうですので上り列車ですと下りに比べ

撮影しやすそうですね。

 

 

甲種輸送を撮影前に露払いでやってきた223系を、

練習電として捉えておりました。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181215203619j:plain

2018-12-15 9866列車  山崎ー長岡京

 

練習電の撮影から数分の間に

露出が暗くなってしまいました。

 

もう一段シャッタースピードを落としていれば

適性だったかもしれません。

 

 

今回の甲種輸送は、内側の電車線を普電が

並走してくるというオマケ付きでございました。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181215204128j:plain

2018-12-15 9866列車  山崎ー長岡京

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181215204234j:plain

2018-12-15 9866列車  山崎ー長岡京

 

バックショットを。

 

関西の普電と並ぶ東京メトロ13000系という

貴重なワンシーンとなりました。

 

有難い事に、今回も13000系が東海道を上る姿を

見送れまして嬉しく思います。

 

 

2018年もあとわずか。

 

今年、撮影出来る甲種輸送もいよいよ

クライマックスとなって参りました。

 

出来るだけ逃さずに

今後も参戦して行きたいと思います。

 

 

それでは、

この列車へご乗車いただき、ありがとうございました!

第713列車 「 ~かっこいいぞ!してつとっきゅう~現行塗装の近鉄特急を狙う 」

この列車へご乗車いただき、ありがとうございます。

 

 

以前、ブログ友さんの記事で私鉄特急を扱った

DVDが百均で売られていた、というエピソードが

ございました。

 

当時は興、味はあれど足はもっぱら

JR線にばかり向きまして、私鉄列車の撮影にまで

手が回らなかったものでした。

 

今年は、そんな現状を打破する為に阪堺線に始まり

神鉄や京阪大津線福井鉄道と意識的に私鉄線を

撮影しに行く機会を設けておりました。

 

 

さて、今回の更新はこの8月に撮影したまま、

ご紹介の機会に恵まれなかった近鉄特急についての

記事となります。

 

あらかじめ申し上げておきますが、私は近鉄線に

ついてはほとんど全く判っておりません。

 

取り敢えず現行の塗装が無くなって妙ちきりんな

色合いに変わるから今の内に撮影しよう、という

不純な動機で沿線へと出向いた程度でございます。

 

ですので、本文中に誤った表記や表現があるかも

しれませんがあしからず…

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181213214028j:plain

2018-08-19 22000系AL06編成  竹田―伏見

 

粘って粘った末にようやく撮影が叶いました

現行塗装の特急列車。

 

本音を申しますともちっと古い型の車両を

撮影したかったのですが、取り敢えずコレで

我慢すっか!といった感じでございます。

 

お尻の車両には影が掛かってしまい、残念な結果と

なりましたが、何とか編成が抜けた写真が

撮れましたので、これ以上の贅沢は言わずにおきます。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181213214103j:plain

2018-08-19 22000系AL06編成  竹田ー伏見(後打ち)

 

影落ちの激しいバックショットですが、オマケ感覚で

撮影しておりましたので、ついでに。

 

 

今回撮影しておりましたのは、近鉄京都線

竹田駅から伏見方面へ進みました場所にございます

有名な撮影ポイントの踏切でございます。

 

フラッと立ち寄りまして、現行塗装を撮影してすぐに

帰宅しようと思っておりましたが、やって来るのは

どれも妙ちきりんな新塗装の特急ばかり。

 

段々と意地になって待ち構えてしまいました。

 

以下、意地を張った結果でございます。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181213215806j:plain

2018-08-19 22000系AL18編成  竹田ー伏見 

 

まだ影が編成に掛かる前、陽射しも柔らかく

撮影しやすい状況でございました。

 

しかしながら、そんな状況と私を嘲笑いながら

やって来るのは「コレジャナイ」カラーのACEで

ございます。

 

折角なのでシャッターは切りますが。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181213220701j:plain

2018-08-19 12410系NN12編成  竹田ー伏見

 

サニーカーだかスニーカーだか判りませんが

12410系の特急がやって来ました。

 

新塗装は見慣れない故、なのか

違和感がパないです。

 

丁度お日様に雲が掛かって露出がフラットに

なりました。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181213221359j:plain

2018-08-19 30000系V12編成  竹田ー伏見

 

22000系の現行塗装を撮影後、暫く待つと

ビスタカーもやってきました。

 

お尻がすっかり影の中に隠れてしまい

このカットを最後に離脱致しました。

 

この形式も現行塗装を撮影したいものですが

未だに機会がございません。

 

 

名阪特急では新型の投入もアナウンスされて

おります近鉄特急界隈。

 

最近ようやく路線図などが頭に入って来るように

なりまして、少しずつ近鉄線の撮影機会も増やして

いければ、と考えております。

 

来年こそは現行塗装を再履修したいと思うのですが

まずは撮影地探しから始めねばなりません…

 

 

それでは、

この列車へご乗車いただき、ありがとうございました!

第712列車 「 観光列車おいこっとを狙う 2018・夏 信州北陸遠征その3 」

この列車へご乗車いただき、ありがとうございます。

 

 

キハ52やキハ28の導入、更にキハ20系を新製する、

などの素晴らしい方向性を打ち出し、廃止が

取りざたされる状況から一転して存続を勝ち取った

いすみ鉄道の元社長、鳥塚 亮氏。

 

私の尊敬する鉄道マンの一人でいらっしゃいますが

この方が私と同じ考えを持ち、それを実現に

導こうとされていらっしゃいます。

 

具体的には、初夏の北海道でキハ28+キハ52

走らせようという企画でございまして、数々の

ハードルを乗り越えて夢が叶えられれば、今後の

地方鉄道の有り方に一石を投じるブレイクスルーと

成るのではないでしょうか。

 

実は私も、いちローカル線で出来る事は限られて

いる為、各地の路線の持ち味を余所へ移す事で

目新しさを確保する、という施策を夢想して

おりました。

 

大井川のC11と九州の86を期間限定で交換する、

だとかいった企画が実現すれば、停滞感の出てきた

観光列車ブームにも更なる風を起こせるのでは?と

思っております。

 

鳥塚氏の語る企画、北海道で国鉄メイクな気動車

風を切る姿を、是非とも実現してほしいと願う

今日この頃でございます。

 

 

さて、今回の更新はそんなブーム真っただ中の

観光列車として近年、JR東日本飯山線

走らせております「おいこっと」を撮影して

おりましたご報告でございます。

 

豊野ー三才間で115系を狙っておりましたのは

飯山線に直通するキハ110形を撮影する意図も

あっての事でございました。

 

と、申しますのも全線が非電化となります飯山線

列車は、豊野から北しなの線へ乗り入れ長野駅へと

直通しております。

 

ですので、長野ー豊野ではしなの鉄道車両と共に

飯山線を走るキハ110系を撮影する事が出来るので

ございます。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181213204154j:plain

2018-07-15 キハ110-236+キハ110-235  三才ー豊野

 

北上線で特急「秋田リレー号」として活躍していた

キハ110-300番台を改造し、200番台へ編入の上で

長野総合車両センターへ転属した「ふるさと」車両。

 

その車両が2015年に再改造されたのが

観光列車として再デビューを果たしました

「おいこっと」でございます。

 

従来のキハ110系では見られないビビット

色合いと唱歌「故郷」にちなんだアイコンを

あしらうエクステリアデザイン。

 

車内も普通車とは思えない素敵な内装が施されて

いる様でございます。

 

休日などには快速列車として運行する「おいこっと」

ですが、運転設定が無い時期などは通常の運用に

就く事もあるそうでございます。

 

通勤通学で列車を待っていたら「おいこっと」が

来た、なんて素敵ですね。

 

もっとも、混み合う時間の乗車ですと風情も何も

無さそうですが…

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181213205436j:plain

2018-07-15 キハ110-236+キハ110-235  三才ー豊野(後打ち)

 

走り去る「おいこっと」。

 

車両の愛称である「おいこっと」、私はてっきり

アプリコット」的な造語かと思っていたのですが

東京をアルファベットにして真逆から読んだ音、が

由来だそうでございます。

 

「TOKYO」→「OYKOT」でおいこっと、と

なるのですね。

 

因みに車両は、赤色がキハ110-236、クリーム色が

キハ110-235でございます。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181213204119j:plain

2018-07-15 キハ110-225+キハ110-232  三才ー豊野

 

オマケ。

 

一般車両である単行運転が可能なキハ110形が

2両併結でやってきました。

 

空の青さが美しかったので、風景を

大きく取り入れて撮影してみました。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181213210207j:plain

2018-07-15 キハ112-210+キハ111-210  豊野ー三才

 

長野へ向かう列車には、片運転台仕様のキハ111形が

充当されておりました。

 

パッと見ると違いが判り難いのですが、連結面に

乗務員扉が無いので2両一組の車両だと判ります。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181213210508j:plain

2018-07-15 キハ111-211+キハ112-211  三才ー豊野

 

入れ替わりにやって来たのは同じくキハ111形の

別の編成でございました。

 

東北地方などで活躍するキハ100形は、同じ

デザインの車両ながら車体長が短い

16m級なのですが、新潟や長野、八高線などで

は車体が20m級のキハ110形が運用されております。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181213210911j:plain

2018-07-15 キハ110-231+キハ110-228  三才ー豊野

 

オマケの最後にやってきたのは懐かしの飯山色を

ラッピングされたキハ110-231を先頭にした

列車でございました。

 

飯山線は長野から途中の戸狩野沢温泉までを2両で

運行し、そこから先は単行になるそうでございます。

 

ですので、この区間で撮影する際には必ず2両で

やって来るので、構図を組みやすいと感じました。

 

 

各地を走る観光列車、積極的に狙っていこうとは

考がえていないのですが、機械が有ればもちろん

撮影の対象にしていきたいと思います。

 

次に機会にはどんな観光列車をご紹介できるのか

お楽しみにして頂ければ幸いでございます。

 

 

それでは、

この列車へご乗車いただき、ありがとうございました!

 

第711列車 「 併用軌道さんぽ・福井鉄道770形と880形を狙う 2018・秋 福井鉄道遠征その3 」

この列車へご乗車いただき、ありがとうございます。

 

 

お世話になっております鉄仲間さんから、2059レに

4度目となります国宝機関車EF66 27の登板を報せて

いただきました。

 

なんとか時間をやり繰りし、佃踏切へと出向いて

みたのですが、わずかな遅延で山かげに線路が沈み

没写真となってしまいました…

 

中々うまい具合にいかず、残念ではありますが

これも私自身の不徳の致す所でございます。

 

次のチャンスを願って腕を磨く事と致します。

 

 

さて、今回の更新はそんな訳で本来であれば

4回目の2059レネタとなる予定だったのですが

急遽、予定を変更致しましてのお届けでございます。

 

 

レトラムの記事を書き終えて一段落ついてしまい

しばらく放置してしまいました福井鉄道

 

ようやく古参?の車両達がスポットに

照らされる機会となりました。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181212205424j:plain

2018-10-07 880形884-885編成  家久ーサンドーム西

 

えちぜん鉄道への直通運転を行っております

福井鉄道でございますが、現在の所自社線内のみの

運転となっているのがこちらの車両。

 

名鉄モ880形で現在は福井鉄道の880形となり

活躍を続けております。

 

側面の田の字窓がいい味出しております。

 

 

名鉄時代は前面ライト周りのシルバーに塗られた

飾り帯以外は赤一色でございましたが、福鉄へ

移籍後、雪、海と山を表すコーポレートカラーに

塗り替えられております。

 

飾り帯だけはそのまま、というのが嬉しい

措置だと思いませんか。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181212205531j:plain

2018-10-07 770形776-777編成  家久ーサンドーム西

 

こちらも880形と同様、名鉄から2005年に

移籍して来ました自社線内オンリー運用に就く

車両でございます。

 

880形と比べて全面飾り帯が上になり

スタイリッシュな印象になりました。

 

また側面もユニットタイプの窓になりまして

都会的なイメージが強くなっております。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181212211307j:plain

2018-10-07 770形770-771編成  仁愛女子高校ー福井城址大名町

 

770形は名鉄から4編成が譲渡され、現在でも

変わらず活躍を続けております。

 

こちらはトップナンバー770号車を含む第1編成。

 

 

レトラムも素敵ですが、こういった普段の足と

なります車両も、そこはかとなく格好良さが

にじみ出ております。

 

その恰好良さを写真に捉えてみたくなり、

電停前でトライしてみましたのがこちらの

写真でございます。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181212211823j:plain

2018-10-07 770形772-773編成 福井城址大名町ー仁愛女子高校

 

逆光線の中、接近戦でアップに挑戦してみました。

 

もちろん安全には十分に配慮の上で撮影を敢行して

おりますのでご安心ください。

 

 

かつては岐阜市内などで活躍しておりました車両も

新天地で今でも元気に活躍する。

 

譲渡によって廃車とならず各地へ赴き、各地で

活躍を続けているのも鉄道車両の素晴らしさの

一つであると思います。

 

最新型の車両も素敵ですが、古強者の活躍も

また、路線の魅力なのでしょうね。

 

また、福井鉄道へ行ってみたくなったのでした。

 

 

それでは、

この列車へご乗車いただき、ありがとうございました!

第710列車 「 調査捕鯨夏の陣!EF200を狙う 」

この列車へご乗車いただき、ありがとうございます。

 

 

ご存知の通り愛称が鯨と呼ばれますEF200は、

急速にその数を減らし2019年度中には運用から

離脱するとJR貨物からもアナウンスがございます。

 

鳴り物入りで登場した大型電気機関車でしたが、

変電設備の容量を超える出力を持つ為に

デチューンされ、不出世の釜となりました。

 

そんなEF200も今年度増備されます押し桃に

押し出される形で、いよいよ最後の奉公先である

吹田機関区での運用を終えようとしております。

 

 

さて、今回の更新はこの6月に九州の新形式

YC01系の甲種輸送を撮影しに行きました折に

捉えておりました鯨についてのご報告となります。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181209162210j:plain

2018-06-01 2086列車  西明石ー明石

 

架線と並行するワイヤーの影が車体に掛かります

初夏の山陽路を、吹田へ向けて力走するEF200-18。

 

この時すでに定期運用は失っており、特定の列車へ

代走で充当されておりました。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181209162945j:plain

2018-06-01 2081列車  明石ー西明石

 

貨物列車を取り終えて振り向くと、そこにも鯨が!!

慌ててシャッターを切ったのでこんな残念写真に…

 

こちらは鯨の中でも側面窓の枠が白い異端車でして

何気に人気となっております。

 

 

噂では現在、運用を既に離脱したのではないかとも

言われておりますが、果たして真相は…?

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181209163316j:plain

2018-06-01 配6866列車  西明石ー明石

 

広島からの配給便となります臨時列車にも

EF200-2が登板しておりました。

 

この日は車軸を積んだコンテナを載せたコキを

一両つないだ可愛い編成でのお出ましでございます。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181209163510j:plain

2018-06-01 配6866列車

 

オマケ。

 

大きくてゆったりとしたスタイルを持つ

少数派電気機関車EF200

 

その活躍もあと少しで幕を閉じようと

しております。

 

 

幸いな事に山陽路では今も毎日、代走運用に

充当されておりますので、今の内に

鯨を捕獲してみるのも楽しいのではないでしょうか。

 

 

それでは、

この列車へご乗車いただき、ありがとうございました!

第709列車 「 レール満載!東福山からの工臨を狙う 」

この列車へご乗車いただき、ありがとうございます。

 

 

12月も1/3が過ぎようとしております。

 

クリスマスだから、なのでしょうかこの時期は各所で

イルミネーションが鮮やかに点灯しております。

 

自宅などに施すのは電気代の無駄だと感じて

おりまして取り組む気はないのですが、美しい彩光を

眺めるのは楽しいものですね。

 

大きな企業さんなど、敷地に盛大に飾り付けを

されているのを見ると綺麗だな、と思うと共に

年の瀬だなぁ、と仕事柄つい慌ただしくなって

しまうのが悲しい所でございます…

 

 

さて、今回の更新は8日の夜に東福山から向日町へ

送り込まれました工臨の模様を撮影して

おりましたので、ご報告致します。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181208224630j:plain

2018-12-08 工9380列車  長岡京付近

 

PF1133に牽引されてムコソを目指す工臨

 

機次位以下のチキには目一杯のレールが積載され

迫力のシーンを演出しておりました。

 

 

定期旅客列車の無い今、旅客釜の撮影となりますと

この様な地味な列車を狙うしかありません。

 

そんな不遇な工臨、レール積載1段や返空などは

地味具合もMAXですが、今回の様なレールが

満載ですと地味さの中にもささやかな力強さを

私などは感じてしまうのでございます。

 

 

この日、仕事を終えてホッコリしながらSNSを確認して

おりますと、鉄仲間さんからレールを積載して工臨

上って来ていると情報をいただきました。

 

ネットをチェックしますと大好物の3段積み状態。

 

非鉄の予定でのんびりしていたのですが、積載に

釣られて自宅からスクランブル発進となりました。

 

ギリギリの現着で間に合い、練習なしでの

本番でございます。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181208225218j:plain

2018-12-08 工9380列車  長岡京付近

 

ベストショット前のコマはピントが無くブレもあり

酷い状態でございます。

 

 

以前は上り列車も闇鉄ですと高槻駅のホームから

撮影していたのですが現在はホームドアの

設置工事が真っ最中でして、どうしても長い編成は

ホームドアの枠が構図に入ってしまいます。

 

この枠を構図から排除しようとすると、

身を乗り出しての撮影になってしまいますので

危険な上、マナー違反にもなりますので

絶対に容認することは出来ません。

 

従って、今回もいつもの如く長岡京付近にて

狙っております。

 

因みに、近年各駅では防犯カメラがホームに

設置され常時監視されておりますので、後々

問題となった際の証拠となります。

 

重ねて申しますが、危険な撮影行為はなさらない様に

お気を付け下さい。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181208225919j:plain

2018-12-08 工9380列車  長岡京付近

 

気を抜いてしまい、盛大にブレてしまいました。

 

 

今回は明るめの露出が欲しくてカメラの設定を

ISO4000、SS1/25、絞り開放で撮影しております。

 

お蔭でPFは足回りまでしっかり捉える事が出来、

大変満足いく結果となりました。

 

この撮影後、寒さに耐えられず自宅へすぐに

戻りましたのでほんまにチョイ鉄でございます。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20181208230737j:plain

2018-12-08 橋上通路のイルミネーション  長岡京付近

 

オマケ。

 

撮影しておりましたぺデストリアンデッキには

ご覧の様なイルミネーションが点灯しておりました。

 

先ほどの設定からSSだけを1/250に上げて

撮影してみました。

 

狙いとしては後方のフレンドマートの文字がもっと

ぼやけてくれれば良かったのですが、案外

しっかりと読めてしまいますね。

 

絞りがもっと明るいレンズですとボケ具合も

しっかりするのでしょうか。

 

ポートレート撮影は慣れておりませんので、

ご容赦ください。

 

 

慌しい年末がいよいよ本番を迎えます。

今年も最後まで走り切れます様に、

頑張りたいと思います。

 

 

それでは、

この列車へご乗車いただき、ありがとうございました!