難波オヤジの鉄道写真運転報?

大阪ー京都をうろつきながら鉄道写真を撮影するオッサンの独り言。

通達266 「 甲123 東京メトロ13000系(13113f)の甲種輸送を狙う 」

この記事をご覧いただき、ありがとうございます。




本日の関西は一時晴れ間も見えたものの、雲の多い一日となりました。


雨具を持って行かなかったので、降られなくて何よりでございました。



私はと言えば、鉄活と仕事をこなしつつ、ネタが遅延した為に右往左往する始末。


無事に本日も実施されたメトロ13000系の甲種は押さえましたので、

取り敢えずは一安心、でございます。




さて、今回の更新はその東京メトロ13000系日比谷線用の新製車両が

近畿車両から出場いたしまして、甲種輸送されるサマを撮影いたしました

ご報告となります。

 


この日は大阪ー京都の縄張り界隈で撮影しようと思っておりましたら、

お仕事がエライ事立て込んでしまいまして、撮影に間に合わなくなってしまいました。

 

そこで、京都貨物駅でのバカ停の間に滋賀県へ飛出しまして、

石山と瀬田の間に掛かる瀬田川橋梁へ向かいます。

 

  

f:id:kyouhisiho2008:20170918231642j:plain

2017-09-09 221系4連  石山ー瀬田  

 

到着したのは甲種輸送がやってくる10分ほど前。

かなりギリギリの現着と相成りました。

 

練習電としてまずは草津線運用に就く221系4連を狙います。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170918231740j:plain

2017-09-09 223系6連  石山ー瀬田

 

次にやって参りましたのは内側線を走る普電の223系でございます。

 

 

この瀬田川橋梁は琵琶湖から大阪湾へ向かう流れの最も京都寄りとなる橋で

ございまして、流れも緩やかで川幅も広い為に京都の各大学ボート部が

練習のための部室?ボックス?を堤防沿いに設けております。

 

折角ボートがいるのですから、絡めた方が情景としてより絵になると思い、

川面を大きく取り入れた構図を模索いたします。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170918231818j:plain

2017-09-09 9866列車  石山ー瀬田

 

そうこうしておりますと、京都貨物を出発した甲種輸送列車が姿を現しました。

 

遠目からの1発を撮影いたしましたが、キロポストが釜のお目々を

覆ってしまいました。

 

背景にそびえるのは、滋賀と京都の府境となる山地でございます。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170918231859j:plain

2017-09-09 9866列車  石山ー瀬田

 

EF65 2081号機が牽引し、ゆっくりと瀬田川を渡る13000系の甲種輸送列車。

 

今回でもう13編成目となる13000系。

土曜日出場も定着し、関西では土曜夕方の風物詩化しております。

 

ボート部の練習が河口の方へ行ってしまい、川面が淋しくなってしまいましたので

空を大きく取り入れた構図へ変更致しました。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170918231947j:plain

2017-09-09 同上  石山ー瀬田

 

編成後端のサイドビューを切り取りました。

 

 夕日に照らされる後端の養生フィルムを、曲面デザインから

少しだけ伺うことが出来ました。

 

 

13000系はこの後、東海道本線を上りまして高崎線の熊谷へ。

そこから秩父鉄道を経由して羽生で引き渡しを行います。

 

羽生からは南栗橋へ回送され、どうやらそこで一旦、

整備を受けるみたいでございますが、何分アチラの事は詳しくないので

今後も勉強せねばなりません。

 

 

 

それでは、

この記事をご覧いただき、ありがとうございました!

通達265 「 甲122 東京メトロ16000系(16137f)の甲種輸送を狙う 」

この記事をご覧いただき、ありがとうございます。




本日は一日中雲が太陽を隠してしまい、

午後からは小雨がパラつく空模様の関西でございます。 


そんなお天気ではございましたが、夕方にチョイ鉄をして参りました。



ようやく多忙な日々に一先ずのピリオドを打ち、

明日は午後一番に仕事があるものの、取り敢えずはゆっくり出来る予定です。


とはいえ、明日の関西はネタが目白押しですので、

何処で何をどう狙うのか、思案のしどころでございます。



JR貨物の釜に広島車両所公開のPRヘッドマークが付く季節。


貨物機の動向から目が離せませんね…




 さて、始まりがあれば終わりがある訳でございます。


今回の更新では

ここ数年来の増備が続いておりました、

東京メトロ16000系の最終編成が完成、

川重の車両工場から甲種輸送される姿を捉えましたご報告となります。

 

今回の撮影地もここの所おなじみとなっておりました、

桂川駅の橋上通路からとなります。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170918225717j:plain

2017-09-08 5070列車  桂川付近

 

まずは練習に5070レから。

 

この時はまだ、駅の先端部分(エキセン)にはまばらな撮影者数でございまして、

ありゃ、最終編成ともなると人気無いのかな、と寂しい思いをしておりました。

 

 

ここに到着すると、前回の甲種でもいらっしゃった鉄仲間さんがやって来られ、

やはり和気藹々とした雰囲気での撮影となりま…せんでした。

 

という顛末は9/8の記事にて前説的に記したものでございますが、

ギャラリーの多さと、遠慮の無さに辟易致しました。

 

とはいえ、公共の場所で撮影している以上、仕方がない事かもしれません。

また、前向きに考えると世間の皆様もそれなりに鉄道ネタ、というものに

興味を持って下さっている、と思うと嬉しくない訳でもないのでございます。

 

複雑な鉄心、でございます。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170918225905j:plain

2017-09-08 223系V32編成+8連  桂川付近

 

練習電に撮影した223系の新快速。

 

この列車でのシャッターの切り位置が左カツとなってしまい、それがこの後の

アダとなります…

 

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170918230021j:plain

2017-09-08 9866列車  桂川付近

 

前回までの2編成は吹田の鮫釜が牽引担当でございましたが、

今回は新鶴見のPFが牽いて参りました。


甲121で前日に6両が出場、神戸貨物ターミナルにて一晩留置の後、

翌日に出場した4両と併結して10連となっております。


 

左カツを意識いしてしまい、つい手前でシャッターを切ってしまいました。

いわゆる左スカな画像となりました…

 

あな口惜しや。


 

f:id:kyouhisiho2008:20170918230111j:plain

2017-09-08 同上  桂川付近

 

おまけ。

悔しいのでそのままシャッターを切ってしまいます。

 

16000系との連結面が画像中央に来る位置でカット致しました。

 

 

ふと見ると、エキセンの鉄さん達の数もぎょうさんいらっしゃりまして、

どうやら追っかけて来られたのではないかと思います。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170918230148j:plain

2017-09-08 同上  桂川付近

 

おまけをもう一発でございます。

37という車番が、最終編成という事で淋しくもあり、編成が出揃い誇らしくも有る。

 

そんな一葉を狙っての撮影でございました。 

 

 

千代田線車両の増備はこれで終了となりまして、

川重から連続出場する車両も10月からは西武40000系にシフトして参ります。

 

 

この秋から年末までは、甲種の出場件数も増加傾向にありますので、

出来るだけ逃さずに撮影出来る様、努めて参りたいと思います。

 

 

 

それでは、

この記事をご覧いただき、ありがとうございました!

通達264 「 稲穂垂れる山陰本線にて、トワイライトエクスプレス瑞風を狙う 」

この記事をご覧いただき、ありがとうございます。

 

 


本日はお日柄も良く、鉄活にうってつけの関西でございましたが、

こんな日はいつも非鉄な私。


連休前の大量発注に応えるべく、お仕事三昧でございました。


因みに土曜日の祝日も午後から出社です。


あははー…




 

仕事でたまたま、農家さんとお話をしておりましたら、

もう今週末か来週末にでも稲刈りするんやで。と仰っておられました。 

 

そういえば水鏡のシーズンに撮影したキリになっておりました瑞風を、

秋にもう一度狙おうと思っていた事を思い出しまして、

慌てて撮影に行って参りました。

 

 

この日は生憎の曇り空、時折雨粒がパラパラと落ちてくる、

そんなお天気でございました。

 

さすがに運行開始から3か月近く経っていればギャラリーも撮影者も居ないだろう、と

踏んでおなじみのヤギチヨへと足を運んでみたのですが、

さすがは瑞風、鉄さんが一人いらっしゃいました。

 

 

私がポイントへ到着した時には、列車が通過するまでに余裕がなく、

練習電を狙う時間も無く本番となってしまいました。

 

結果、なんだかスナップ写真のような出来栄えに…

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170918001649j:plain

2017-09-05 8228D  八木ー千代川

 

瑞風は以前にもこのポイントで何度か撮影していたので、大体の構図は

頭に入っておりました。

 

しかしながら、大体であって完璧ではなかったようで、実際はファインダーで見ると

編成前部が切れてしまっておりました。

 

カメラの視野率が90%程でしたので、結果的には前も後も構図に

収まってくれておりますが、撮影した時はやらかした!と焦ってしまいました。

 

 とはいえ、改めて画像を見るとかなりカツカツ構図なので、

やはりこれは失敗作と判断せざるを得ません…

 

チョイと「な」の字が大き過ぎました…


 

f:id:kyouhisiho2008:20170918002114j:plain

2017-09-05 同上  八木ー千代川

 

 おまけ。

屋根のデザインを見ると寝台客車なのですが、

床下を見ると気動車、というサイドビューでございます。

 

窓と車体には、田んぼを隔てて停車させた私の代車も映っておりました。


瑞風は未だピカピカの車体でございますね…

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170918002209j:plain

2017-09-05 同上  八木―千代川

 

 サイドから狙うと窓が特徴的な食堂車キシ86-1でございます。

食堂席は営業外なのか、窓のシェードが全て下がっておりました。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170918002250j:plain

2017-09-05 同上  八木ー千代川

 

 後端の展望車では寒いからか、デッキへ出ている乗客はいらっしゃいませんが、

車内にはセレブ奥様?が数人、談笑されておられました。

 

瑞風乗車のプラチナチケットを手に、旅の思い出を語り合っておられるのでしょうか。 

 

 

機会があればもう一度、稲刈りの前に撮影したいと考えております。 

 間に合うかな…

 

 

 

それでは、

この記事をご覧いただき、ありがとうございました!

通達263 「 電気検測車クモヤ443系を山陰本線で狙う 」

この記事をご覧いただき、ありがとうございます。

 

 

本日も甲種輸送が実施されまして、無理繰り時間を作って参戦致しました。

が、何らかの事情で通過がまさかの50分押しとなり、その分お仕事も遅延…

 

社会人としては悪い見本でございます。

良い子の皆様は決して真似をされませんよう…

 

 

撮影後に関東の先輩?友人?からメールをいただき、

その内容に驚いておりました。

 

そんなメールをいただけるお気遣いに感謝でございます。

更に、うれしいご注文まで…全力で対応致します!

 

 

また、別の先輩?友人?からも夕方、メールをいただきまして

素晴らしい情報を共有させていただきました。

 

お気遣いをいただき感謝感激、幸せを噛みしめる1日となりました。

 

 

 

さて、 拙ブログで不人気記事と言えば8865レと検測車、でございます。

 

実は先日の8865レを取り上げた記事では、1日のPV数が

久しぶりに100を下回りまして、ほんまに不人気やな!と驚いてしまいました。

 

で、その後のサロンカーなにわの記事では平均の数倍のPV数となって、と

ネタによってPV数に変動があって面白いものでございます。

 

 

拙ブログの目的はPV数稼ぎではございませんので、

特段気にしてはいないのでございますが、

「今日のオヤジの更新は何やろか~♪」とページを開いて検測車だとわかり、

がっかりしながらブラウザをそっと閉じる方がいらっしゃるのを想像すると、

なんだか気がひけてしまいます。

 

 

でも、検測車も8865レも好きなので、申し訳ないのですが堪忍して下さいませ。

 

 

 

という訳で、本日の更新は通達119(4/27)の更新でご報告したネタと

全く同じスジでございまして、それをこれまた全く同じポイントで

撮影しております。

 

4月末の撮影では山肌に桜が残るシーズンでございまして、

それなりの見栄えがしておりましたが、今回は緑豊かな情景を

駆け抜けて行きましたクモヤ443。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170918001030j:plain

2017-09-04 試9827M  保津峡ー馬堀

 

嵯峨野トロッコ鉄道(旧山陰本線)と並走する、

トンネルから飛び出した区間を狙います。

 

国鉄特急型のシルエットは、もう関西ではこの車両でしか拝めません。

 

屋根には検測用のクロスパンタを上げ、昼間でもLEDの白色ライトをつけて

架線を照らしております。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170918001134j:plain

2017-09-04 試9827M  保津峡ー馬堀

 

 引いた構図でもう一発。

スカートに植生が掛かってしまいました… 

 

この車両の撮影時、何故だか一向にお天気が晴れません。

今年度3回撮影機会がありましたが、全て曇天でございます。

 

雨釜とジンクスのあるEF65 2127号機の様なものなのでしょうか…

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170918001218j:plain

2017-09-04 試9827M  保津峡ー馬堀(後打ち)

 

諦めずもう一発、おまけ!

 バックショットは嵯峨野トロッコ鉄道のトロッコ亀岡駅前を

通過して行くシーンで狙います。

 

221系が裏被りしておりますが…

 

余談になるのですが、嵯峨野トロッコ鉄道のトロッコ亀岡駅

亀岡市に設置されている故に「亀岡」と付いておりますが、

亀岡駅から一つ京都寄りの馬堀駅が乗り換えの最寄りとなります。

 

紛らわしいのです。

 

また、馬堀駅からでも徒歩10分くらいの距離になるので案外不便だったりします…

 

散策気分でブラブラと歩く分にはいいのですが、

ロクにお店もございませんので、一抹の寂しさを感じます。

 

亀岡駅まで延伸すれば良いのですが…

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170918001303j:plain

2017-09-04 117系6連  向日町(操)-京都貨物(後打ち)

 

 午後からはクモヤの検測が帰ってくるので、もう一度狙う為に

再び山陰本線へ向かいます。

 

でもその前に、いつもの場所でとりあえず一枚撮影。

 

東急が青ガエルのラッピングを施して盛り上がっておりますが、

この117系は素で現代の青ガエルを名乗れると思うのです。

 

貫通扉の無い前面デザインも、今では貴重になって参りました。

 

 

この撮影のあと、クモヤ443のカエシを狙う為に高速に乗って

山陰本線へと向かったのですが、トンネル内でエンジンが悲鳴を上げまして、

トンネルを出て50メートルほど進んだところでお陀仏となってしまいました。

 

すぐにサポート業者を呼んで対応していただき、お仕事に支障はなかったのですが

残念ながらカエシの撮影は間に合わず、これにてこの日の鉄活は

終了となってしまいました。

 

何にせよ、事故に会わずにホッとしております。

 

 

今では新車も届き、従来通りの鉄活となって、

じゃないお仕事をこなしておりますのでご安心ください。

 

 

 

それでは、

この記事をご覧いただき、ありがとうございました!

通達262 「 上牧カーブにて貨物列車を狙う 」

この記事をご覧いただき、ありがとうございます。

 



台風は過ぎ去ったものの、私の業務は相変わらず嵐の様な忙しさでして、

本日の甲種輸送ネタにも辛うじて参戦出来たものの、慌ただしい1日が続いております。


お仕事が忙しい→儲かりまんな、という構図が成り立てば張り合いも出るのですが、

嬉しい悲鳴になる筈が断末魔に変わってしまう程度には追い詰められ、

その割にあがる儲けは雀の涙、でございます。


世の中は斯様に上手く出来ております。

濡れ手に粟、がいいなぁ…



私の代わりにお仕事を熟してくれるロボットが欲しい、とハインライン先生に

お頼み申し上げます…



この更新を投稿したら、私まだ残業に戻らねばなりません。



さて、本日の更新は表題にあります通り、

この区間を通る貨物列車を狙ったものでございます。

 

この撮影地はJRが築堤上を走るのに対して、そのすぐ南側を新幹線の高架と、

阪急電鉄の線路が通っております。

 

ですので、振り返るとこのような構図で撮影が可能なのです。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170918000058j:plain

2017-09-03 阪急電鉄3300系  水無瀬ー上牧

 

逆光ですが、何の気なしにスナップを。

iso感度を落としてシャッタースピードを低速にしてみたのですが、日中ですと

明るすぎて流れているように見えるほど低いシャッタースピードの設定に

なりませんでした。

 


 京都と大阪を結ぶ阪急京都線


この撮影地のある高槻市では、

大阪の繁華街、キタへ出る為には阪急ですと

高槻市ー梅田で270円掛かるのに対して、JRでは高槻ー大阪間が

250円で乗車できるのでJRの方が40円お得になります。

 

一方で、京都の繁華街である四条河原町へ出るのには阪急ですと直通なのに対して

JRでは京都駅から市営地下鉄と徒歩かバスに乗り換えという手段となってしまいます。

 

そこで多くの高槻市民は大阪へはJR、京都へは阪急と鉄道を使い分けて

利用しております。

 

 

この撮影地から新幹線の高架方面へ少し歩くと、阪急の踏切がありまして、

そこからは夕方ですと京都方面の列車が順光で狙えます。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170918000204j:plain

2017-09-03 1059列車  島本ー高槻

 

EF210-132号機の牽引する1059レでございます。

露出がオーバーになっておりました。

 

歯抜けコンテナ編成で、今一つ魅力にも乏しく、次に期待します。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170918000355j:plain

2017-09-03 1083列車  島本ー高槻

 

 EF210-145号機の牽引でやって来た1083レ。EF66が所定の列車でございますが、

この日は代走でございました。

 

 EF66といえば、今年の広島車両所公開PRのヘッドマークを、

現存する2両のゼロロクに装着するのでは、なんて噂がありますね。

 

ヘッドマークステーを持つ釜自体が少ない現状、

どんなデザインでどの釜に取り付けられるのか、要注目でございます。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170918000459j:plain

2017-09-03 3096列車  島本ー高槻

 

 前から3両目の空コキがちょーっと残念でしたが、後半はしっかりコンテナが

載った編成でやってきたのは、北陸から上ってきたEF510-23号機が牽く3096レ。

 

 銀釜を追っていた時期にはよく狙ったスジでございます。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170918000546j:plain

2017-09-03 1055列車  島本ー高槻

 

 パンタグラフが交差枠形の若番機、EF210-17号機が先頭に立つ1055レ。

大型コンテナがカラフルで、見た目の楽しい編成でございます。

 

編成後半は空コキばかりでございましたので、パッと見た感じ短い編成に見えますが、

実は20両以上繋いでおりました。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170918000641j:plain

2017-09-03 3092列車  島本ー高槻

 

 この日の最後となったカモレ、

EF510-7号機が牽くこれまた北陸からのコンテナ列車、3092レ。

 

 線路の向こう側でお焚き出しが始まり、白い煙がたなびいておりますが

火事ではございません。

 

今年の春にも田んぼまわりで撮影していると藁を燃やす光景を見かけましたが、

農家の人は年中何かを燃やしておられるのでしょうか… 


 

もうあとひと月もすると、列車の前景が稲刈りを終えた姿のなるのでしょう、

この撮影地。

 

稲穂揺れる光景が記録でき、満足となりました。

 

 

 

それでは、

この記事をご覧いただき、ありがとうございました!

通達261 「 上牧カーブにて優等列車を狙う 」

この記事をご覧いただき、ありがとうございます。

 



台風一過、スッキリした晴れ空とはいかず、晴れ間の覗く曇りとなりました本日の関西。


幸いにも酷い被害も受けず、通常通りの1日となりました。


残念ながら祝日の本日もお仕事となり、チョイ鉄しか出来ませんでした。



さて、今回の更新は日常回となります、

ネタ撮影後の貨物列車を撮影する傍らに狙いました、優等列車のご紹介でございます。

 

大阪発の特急ひだを撮影後、下り貨物列車を撮影する為に訪れたのは上牧カーブ。

阪急上牧駅からが最寄となる撮影ポイントでございます。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170915225503j:plain

2017-09-03 HOT7000系5両  島本ー高槻

 

京都から、姫路を通り智頭急行線を経て因美線を抜け、鳥取とを結ぶ

特急スーパーはくと

 

JR四国の2000系気動車同様の振り子式車両で、因美線などの山間部を

高速で走行します。

 

 

先頭車両にはパノラマ展望を備えた非貫通タイプと、この画像にある貫通扉を備えた

タイプがございます。

 

 

乗車してみたいのですが、中々機会がありません。

鳥取まで行くのなら車で行く方が便利ですし…

 

 

全車とも今は亡き、栃木県鶴田の富士重工業で製造されております。

智頭急行所有車両ですが、新製時は伯備線経由で米子まで甲種輸送されておりました。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170915225603j:plain

2017-09-03 683系9連  島本ー高槻

 

北陸金沢と大阪を結ぶ特急、サンダーバードに使用される683系。

 

リニューアル更新が進んでおり、この塗装も見かける頻度が高くなりました。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170915225654j:plain

2017-09-03 189系気動車3両  島本ー高槻

 

こちらも陰陽連絡特急として活躍する、特急はまかぜに充当される189系気動車

 

最少3両で運行されるかわいい特急でございます。

 

どことなく181系に似たデザインは好感が持てるのですが、

ヘッドマークは残してほしかった、と見かけるたびに思ってしまいます。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170915225858j:plain

2017-09-03 683系9連  島本ー高槻

 

天候が回復して参りまして、よい日差しとなりました。

 

再び683系が通過して行きます。こちらもリニューアル編成でございました。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170915225941j:plain

2017-09-03 289系4連  島本ー高槻

 

最後は北近畿と新大阪を結ぶ特急に充当されております289系。

 

上の画像、683系から交流機器を取り除いて直流専用車両として改造されたのが

本289系でございます。

 

窓下のラインが赤いのが福知山・山陰本線系統、

青(緑?)なのが紀勢本線系統となっておりまして、この画像は

福知山方面へ向かう列車でございます。

 

 

 

それでは、この記事をご覧いただき、ありがとうございました!

通達260 「 大阪発の特急ひだを狙う 」

この記事をご覧いただき、ありがとうございます。

 


関西は夕方から間引き運転や運行休止が計画的に実施されておりますが、

SL北びわこ号は予定通り運転されておりました。


残念ながら本日は非鉄でございましたので、私は不参戦でしたが、

ネットを見ておりますと元気に走る姿がUPされておりました。


九州は大雨の地域もある様ですが、被害が出ない事を祈るばかりでございます。




さて、本日の更新はサロンカーおわらを撮影する際に練習でカットした貨物列車のご紹介からスタートいたします。

 

早朝に2本走る下りフクツ―貨物の遅い方、55レは東京貨物ターミナルを前夜に発ち、

岡山県の福山 までを岡山機関区のEF210に牽引されて走り抜きます。

 

この日は若い番号の9号機が登板しておりました。

 

この撮影地での貨物列車は編成が切れてしまうのが残念でございます。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170915223945j:plain

2017-09-03 55列車  長岡京ー山崎

 

朝日を浴びて関西圏を駆け抜ける55レ。

まだまだ長い道のりを、福山を目指して走り去りました。

 

統一デザインのコンテナですが、個体によって色の濃淡が出来ているのが面白い、と見るか綺麗じゃない、と見るか。

 

人によって評価が分かれます。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170915224027j:plain

2017-09-03 4058列車  長岡京ー山崎

 

 お次は北陸方面からやって来た、EF510-503の牽引するコンテナ貨物。

 

こちらはあずき色のコンテナがずらりと並びますが、

新しいモノはJRFロゴが省略されているのでこうして遠目から見ると

歯抜けっぽく見えてしまいます。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170915224139j:plain

2017-09-03 1081列車  長岡京ー山崎

 

次の1081レは新鶴見機関区のEF210-121号機が牽く、

にぎやかな大型コンテナの編成でございました。

 

こちらは佐川急便、ヤマト運輸、ランテックと多彩なデザインのコンテナが並び、

壮観でございます。

 

丁度お天気となり、列車が光の中に浮かび上がるような光景となりました。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170915224335j:plain

2017-09-03 223系V52編成他8両  山崎-長岡京

 

サロンカーおわらの撮影後は場所を移動し、大阪発の特急ひだを迎え打ちます。

 

まずは外線を走る新快速の223系。

後方には、中線にも列車が追従してきているのが確認できます。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170915224520j:plain

2017-09-03 223系V7編成他8両  山崎ー長岡京

 

その後方の列車は、同じく223系でございました。

 

新快速を撮影した直後に、ピントを合わせ直して中線の列車も撮影しておきます。 

 

-f:id:kyouhisiho2008:20170915224619j:plain

2017-09-03 85系気動車4両  山崎ー長岡京

 

本日の表題となります、大阪発の特急ひだ。

この日は増結用の貫通型先頭車が1両増結されておりました。

 

判っていればもう少しサイド気味の構図で撮影出来るポイントにしたのですが、

判断ミスでございました。

 

 

JR東海の車両がJR西日本まで乗り入れるのは、共通運用のサンライズを除くと

この特急ひだしか無くなってしまいました。

 

数年後に導入されるという新形式車両が運用に就く頃には、

大阪発のひだが残っているという保証も有りませんので、この機会に狙ってみました。

 

 

これに懲りず、増結の付く日を見越してサイド気味の構図で再履修を決めました。

 

 

 

それでは、

この記事をご覧いただい、ありがとうございました!

通達259 「 サロンカーおわら!おわら風の盆団臨を狙う 」

この記事をご覧いただき、ありがとうございます。

 


今朝から雨が降り続く関西。

2127号機はやはり雨釜なのでしょうか。


台風の動きも気になります。被害が出なければ良いのですが。



そんな状況ではございますが、明日はSL北びわこ号の運行日。

今現在は運行休止などのアナウンスもありません。


仕事が無ければ参戦したかったのですが、今回は仕方がありません。



 さて、今回の更新は。


毎年実施されている北陸のお祭り、おわら風の盆への関西からの団臨

本年も運行されました。

 

日本旅行さんが主催するこのツアー、サロンカーなにわが充当され、

釜には特製のヘッドマークが掲出されておりまして、昨年も狙ったものでございます。

 

また、このツアーはかなり厳しい行程を組んでおりまして、

往路は2日土曜の朝に大阪を出発し、午後に金沢へ到着。

そのままお祭りを観覧して再び金沢駅へ。

夜間に金沢を発ち翌朝に大阪へ帰着するという弾丸ツアーでもあります。

 

往路の土曜日は私、お仕事でございまして、鉄仲間さん他多数の順光で撮影された画像を指をくわえて眺めておりました。

 

翌3日は休みでございますので、

鬱憤を晴らすべく撮影に出向きました次第でございます。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170912231541j:plain

2017-09-03 281系3連+6連  長岡京ー山崎

 

 撮影ポイントはこれまたおなじみ、名神クロスでございます。

 

上牧カーブにするか、高槻界隈にするか、色々と考えておりましたが

今回は好みの構図でここに決めました。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170912231718j:plain

2017-09-03 321系D39編成  長岡京ー山崎

 

練習電1発目の281系では晴れていたのですが、にわかに雲が湧いてまいりました。


曇ると一気に露出が下がります。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170912231827j:plain

2017-09-03 221系A16編成  長岡京ー山崎

 

8連貫通の221系。未更新はもう少数の様でございます。


 しばらくするとまた晴れて参りました。

 

 ころころ変わるので露出設定もその都度変更を迫られます。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170912231917j:plain

2017-09-03 207系S35編成+4連 長岡京ー山崎

 

 またしても曇りに…


どないなんねん…はっきりしてーなぁ、とお天道様に思わずぼやいてしまいます。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170912232057j:plain

2017-09-15 9915列車  長岡京ー山崎

 

 ぼやいたのがイケなかったのでしょうか、結局お日様が顔を出す前に

サロンカーなにわがやって来てしまいました。

 

久々に見た7両フル編成の大サロ。


全検明け初の運用という事で、ピカピカの車体を捉えることが出来ました。

 

車体の金色も、以前は黄色に近い明るい色合いでございましたが、

塗り替えられて落ち着いた金色となっておりました。

 

一見すると、トワイライトエクスプレスカラーのEF81と

統一されたカラーリングに見えますが、よく見てみると

機関車と客車で黄色と金色の色味が異なっております。

 

 

この秋から12月にかけて、何度か団臨での運転が発表されているサロンカーなにわ。

出来るだけ撮影出来る様、可能な範囲で追いかけて行きたいと思います。

 

 

 

それでは、

この記事をご覧いただき、ありがとうございました!

通達258 「 空と釜との間には 夏の終わりに8865レを狙う 」

この記事をご覧いただき、ありがとうございます。

 

 

今日はちと、無理をして小ネタ拾いの鉄活をちょっとだけしてみたのですが、そのせいでまだ仕事が終わりません。


連休前だという事を失念しておりました。



嬉しい悲鳴、と申し上げると耳さわりが良い

ですが、実情は只の悲鳴ですよ…


キャーッと叫んでも仕方がありませんので、

更新した後は大人しく仕事へ戻ります。



皆さんがコレをお読みの時分、私はきっと白い抜け殻になっている事でしょう…



 

さて、今回の更新はみんな大好きロクヨンセン!

 

 

嘘です。検測車ネタと並ぶ2大不人気記事でございます。


…これといったネタが無い時の定点観測と申しましょうか、

関西で目撃できる定期運用はこれしかございませんEF64の8865レでございます。

 

毎回、8865レが運転される日はどの釜が運用に就くのかをチェックし、

単機なのか、貨車が付くのか、付くとすれば何が何両付くのかといった項目を

調べ上げて、これは!と思う日にはチョイ鉄をしに行くのでございます。

 

今回は、事前に青コキ4両(2ユニット)が付いて来るという事が判った為、

編成写真を狙えば晴天も相まって良い絵になるのでは、と目論見ました。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170912224452j:plain

2017-08-29 EF64 1023号機  京都貨物ー向日町(操)

 

最近は8865レの編成写真を撮影するのに多用しております桂川橋梁。

 

丁度このくらいの時間帯から側面に日が当たり出すので、今の時期には

よく通っております。通学ならぬ通鉄?

 

単機の場合やくすんだ色のコキの場合は仰角構図のポイントでもいいのですが、

特に今回は青コキのみなので、そちらを意識した絵作りを心がけました。

 

時間通り、定刻にやって参りました8865レ。

 

ドッドッドッドッドッドッと橋梁を踏みしめて渡る

ロクヨンセンこと、EF64 1000番台。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170912224554j:plain

2017-08-29 8865列車  京都貨物ー向日町(操)

 

この日の8865レには、EF64 1023号機が運用に就いておりました。

 

後ろの青いコキが、空と釜の青に負けず鮮やかに映えております。

川崎で検査を受けたばかりのピカピカな青いコキでございました。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170912224642j:plain

2017-08-29 同上  京都貨物ー向日町(操)

 

今回のコキは釜の次位にコキ103-133+コキ102-133のユニットがついており、

回送表には新南陽まで送る旨が記されておりました。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170912224741j:plain

2017-08-29 同上  京都貨物ー向日町(操)

 

次のユニットはコキ103-134+コキ102-134でして、こちらも同じく、

南陽までの回送が指示されております。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170912224811j:plain

2017-08-29 同上  京都貨物ー向日町(操)(後打ち)

 

 残念ながらタイミングを逸してしまい、釜の後面は電柱でカットされてしまいました。

 


貨車もしっかり検査を受けて物流の正常性を維持している、

そんな貨物列車の裏事情でございました。

 


 

それでは、

この記事をご覧いただき、ありがとうございました!

通達257 「 国鉄とJRとの競演 中京圏の普電たちを狙う 2017夏遠征2その5 」

この記事をご覧いただき、ありがとうございます。

 



本日も多忙で非鉄な1日となりました。

少し汗ばむ程度の爽やかな日中、鉄活には持ってこいな日和でした。


こんな日に活動出来たらいいなぁ、と、

そんな事を思いつつお仕事に励みます。



 

さて、夏遠征2も今回の更新でいよいよ最終回でございます。

そこで今回は恒例となりました、遠征中に撮影した中京圏を走る普電たちのご紹介となります。

 


まず驚いたのが、東海道本線関西本線では見る事が無かった

異形式の併結が、中央西線では頻繁に行われておりました。

 

これは前回の遠征の際にも気になったのですが、その時は草臥れていたので

撮影せずにおりましたので、前回遠征時の補完という側面も兼ねての

レポートとなります。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170912212828j:plain

2017-08-27 313系B102編成+211系3連  多治見

 

近年、大量増備されて113系や119系といった、東海社線に残る

国鉄型電車を駆逐した313系でございますが、国鉄型の設計を流用した211系とも

併結しての運用をしております。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170912212919j:plain

2017-08-27 313系+211系  多治見

 

私の縄張りとなる関西の地域においても、

JR化後に製造された221系と223系が異形式併結して運用されるシーンはよく見かける

のですが、国鉄設計車両とJR車両との併結は新鮮でございました。

 

とはいえ、この211系も設計流用だけの、JR化後に新製投入された車両なのですけどね。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170912213006j:plain

2017-08-27 313系B104編成+211系K116編成  多治見

 

 こちらは別の列車ですが、このように併結されておりました。

 

名古屋圏のユーザーにとっては当たり前のシーンなのでしょう。

当然、313系の方が車内設備が良いので、そちらの方が込み合うように思えます。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170912213148j:plain

2017-08-27 211系K7編成他11両  瑞浪釜戸

 

木曽あずさを撮影する為に訪れたポイントにて、練習電。

 

西日本にはこのタイプの車両は、形式の違う213系しかありません。あれは片側2扉なので、

関東圏、中京圏に導入された211系には 当時、ちょっとした憧れが有りました。

 

都会の象徴、的なイメージと言いますか。

 

東日本の211系も今では群馬や栃木、長野などに追いやられてしまいましたね。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170912213449j:plain

2017-08-27 383系A9編成  瑞浪釜戸

 

こちら練習電でございました。しなのに使用されている383系の非貫通型先頭車は

お魚さんのような前面デザインが可愛らしいと思うのです。

 

円らな瞳がとっても愛らしく、キュートでございます。

 

この列車を撮影したおかげで6両の構図が判り、

本番の木曽あずさではばっちり撮影出来たので感謝でございます。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170912213630j:plain

2017-08-27 211系K19編成  瑞浪釜戸

 

こちらは4連短編成での快速運用に就いております、211系5000番台。

 

JR東海の投入した211系は屋根のクーラー形状が

JR東日本国鉄時代に製造された車両と異なっており、

遠目からでも一目で見分けがつくようになっております。

 

 

木曽あずさの撮影終了後は再び釜戸駅から乗車して名古屋の手前、千種で下車致しました。

 

その後、市営地下鉄東山線に乗り換え、名古屋最大の商業地域である栄へ。

夕食の為にあるお店へ訪れます。 

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170912213736j:plain

2017-08-27 味噌かつ御膳¥1680-  黒豚屋らむちぃ

 

姉妹店には、れむりんもあるのでしょうか?


 一昨年の9月24日。

私は出張帰りに栄に数軒ある味噌カツの有名店へ訪れたのですが、非情な事に軒並み

お店は休業しておりました。


祝日の次の日で、ド平日でしたからね…

 

仕方がなく手近な矢場とん(有名チェーン店)で済ませてしまいまして、

味噌カツ有名店での実食はやり残した課題の一つでございました。

 


そこで今回、関西へ戻るまで少し時間が取れるので栄へ寄りまして、

念願の有名味噌カツ店を訪れる事となりました。一人で。

 

そこ、「淋し~」とか言わない(笑

 

 

出て来た味噌カツはキャベツこそどこでも同じような盛加減でございますが、

味噌カツの上にはおネギが大量に乗せられていて

食べ始めるまで味噌カツの姿が確認出来ません。

 

このおネギ、邪魔者かと思いきや、実は名脇役でございまして、

味噌カツへ箸をつける前に少量を味噌と絡めて口に含みますと、甘辛いお味噌と

シャキッとした食感のおネギが予想外にマッチ致します。

 


更にカツとお味噌にネギを加えていただきますと、ネギのシャッキリ感と

カツのもっちり感がお口の中で手を取り合ってフォークダンスでございました。

 

高校生の時に踊って以来ですわ。

好きな子が順番で近づいて来て、あと3人、あと2人…で、

いよいよ次は!って時に終了するの、アレもマーフィーの法則なんでしょうかね。


何回やっても好きな子と踊れないので、もういっそ手前の子を好きになろうかと思ったものでございます。

 

 

そんな事を思い出しながら、お口いっぱいの幸せを噛みしめて、

呑み込んで、栄を後に致しました。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170912214003j:plain

2017-08-27 211系K1編成他8連  名古屋

 

 名古屋へ着きまして、ここからは米原まで一気に至る新快速へ乗車致します。


列車が来るまで少々時間がございましたので、名駅構内での撮影を。

 

こちらは211系4連が2編成併結しておりました。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170912214228j:plain

2017-08-27 211系K117編成+313系B205編成  名古屋

 

 と、反対側のホームには高蔵寺行の普通列車が停車しております。

こちらは211系+313系

 

でも、後ろに連結された313系がちょっと違和感。

 

 

f:id:kyouhisiho2008:20170912214345j:plain

2017-08-27 同上  名古屋(後打ち)

 

 この313系、8500番台という車両でして、

ほかの313系よりもグレードの高い車内設備を持っております。

 

確か18両しかない特別仕様の編成でございます。

 

 

これに乗って帰宅したいな、と思ったのですが、

新快速としてやって来たのはありきたりな車両でございました。

 

しかも列車は満員で、大垣までは立席乗車となってしまいました。

 

 

夏の終わりの休日、鉄まみれとなった一日を堪能することが出来まして

やはり私は幸せだなぁ、と感謝するのでございました。

 

 

 

 

それでは、

この記事をご覧いただき、ありがとうございました!